プレゼント箱のリボンの結び方! 十字結び・斜めがけの結び方

プレゼント箱に使うリボンの結び方を解説

ラッピングリボンの結び方 基本の2つ!十字結びと斜めがけ


プレゼントをラッピングをするとき、リボンを上手にかけると特別感がアップします。ラッピングに便利なリボンの基本の結び方「十字結び(クロスかけ)」と「斜めがけ」のやり方手順を解説します。
   

どんなものを包むのにも便利「十字結び」

リボンの十字がけ

ラッピングリボンの十字がけ


ラッピングリボンの結び方の中でも「十字結び(十字かけ/クロスかけ)」は、どんな形の箱にも合うリボンの結び方です。
 

十字結びのやり方・手順

1. 箱の後ろから上下にリボンを回しかけます。このとき、画像で左手で押さえているほう(緑のライン)は短く持ちます。画像のように、箱の縁から10から15cm程度出るくらいの長さに調節して持つといいでしょう。この長さでリボンを結んだとき垂れる部分の長さが変わります。
後ろから前に

後ろから前に


2. 箱の正面で交差させ、短いほう(緑のライン)を固定した状態で、長いほうの端(青いライン)を箱の後ろへ回します。
交差させて後ろへ

交差させて後ろへ


3. 長いほうを箱の後ろから正面へ持ってきます(青いライン)。ここで、左右にリボンをひっぱって緩みがないよう引き締めます。
後ろから中心へ

後ろから中心へ


4. リボンが緩まないよう、交差部分を押さえながら、短いほうの端を長いほうの上をまたぐようにし、左下へ持ってきます(緑のライン)。
左下へ通す

左下へ通す


5. 手を持ち替えて、4は左下で固定したまま、もう一方の端を右上になるようひねります(青いライン)。
青は右上へ

青は右上へ


6. 中央で蝶結びにします。蝶結びの垂れる部分はバランスを見て左右そろえてカットします。
蝶結びをする

蝶結びをする


7. 結び目をつかんでずらすことができるので、包んだものに合わせてアレンジしてください。
結び目を好きな位置にずらしてもいい

結び目を好きな位置にずらしてもいい

 

箱が長い箱を結ぶのに便利「斜めがけ」

斜めかけ

斜めかけ

ラッピングリボンの結び方「斜めがけ」は、ネクタイやギフトカードなど、細長い形の箱に合いやすい方法です。
 

斜めがけのやり方・手順

1. 箱を縦に置き、上から下に向かってリボンをかけます。このとき、リボンの端を8から10cmほど残した位置からスタートし、端は押さえたままにします。この残したリボンの長さにより、結んだときの垂れる分の長さが変わります。
上からスタート

上からスタート


2. 図のように箱の後ろ側を通し、下へリボンの端を伸ばします。
裏側を通って下へ

裏側を通って下へ


3. 箱の左下角の上を通し、後ろ側へ回してスタート位置にリボンの両端がくるようにします。
表を通り裏側へ

表を通り裏側へ


4. 上で蝶結びをします。
てっぺんで結ぶ

てっぺんで結ぶ


5. 結び目をつかんで移動させ、右上角に蝶結びがくるようにします。
結び位置を調整

結び位置を調整


6. リボンの形を整え、垂れる部分はバランスを見て長さをカットします。できあがり。
完成

完成


※リボンの斜めかけをしたとき、裏側はこのようになっています。
裏側

裏側


ラッピングリボンの基本「十字結び」「斜めがけ」の両方ともおさらいして、可愛いラッピングに生かしましょう!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。