おもちゃのラッピング方法

おもちゃのラッピング方法


ガイドは、高校・専門学校と5年間を、某デパートの玩具売り場のアルバイトで過ごしました。クリスマス近くになれば、1日中! 包装カウンターで、ラッピングの毎日。時には無謀とも思えるようなものもありましたが、お客様に言われれば、何でもラッピングです。


お客様:これを包装してほしいんだけど。
私:はい。どれでしょうか?

お客様:これ。
私:え……!?(ボールが目の前に)


お客様:これ包装頼むわ。
私:はい。かしこまりました!
  ……(ホッピング!?)
 

おもちゃのラッピング方法!自分でプレゼント包装するには?

大きな物から、丸い物、細長いもの……。とにかく何でも工夫してラッピングしました。おかげで、ラッピングの腕前は、かなりのもの(自称)! これは今でも役に立っています。たとえば、子どもの欲しがっているクリスマスプレゼント。ディスカウントショップで売っていました! となれば、ほしいですよね。でも、ラッピングはしてもらえない。そんなときには、自分でラッピング!

というわけで、今回はラッピングの仕方「初級」「中級」「上級」と言う形で、ラッピングのやり方についてご紹介いたします。

<目次>  

【初級編】初心者でもできる簡単なラッピング方法

まずは、紙の中央にプレゼントを置く
最初に、包装紙の中央にプレゼントを逆さにして置き、中央で留めましょう。
 
片側から折り込んで留めます
左右から紙を折り込みます。このとき、しっかりと折り目をつけることが大事です。中途半端なところで折ってしまわずに、きちんと商品に左右の紙が張り付くような感じで折ります。こうすることで、均等な折り目ができて、きれいに仕上がります。
 
上、下の順で折りましょう
次は、上下です。上側をまず折ります。そして、下側を折り上げて、テープで留めます。必ず「上下」の順ですよ。
 
完成
もう、一面も、同じように折って、テープで留めたら完成です。

【中級編】長方形の箱を包装するラッピング方法

紙のどこに置くか覚えましょう
品物はラッピングペーパーのどこに置けばいいのでしょう? 写真の矢印部分の3つの角が、きちんと紙に入っていることを確かめましょう。

 
この大きさで入るか確認
この紙で包めるか、確認しましょう。まずは、手前の角を商品に向けて折り、角がきちんと隠れることを確認します。
 
この大きさで入るか確認
上のステップで角が入ったことを確認し、自分より遠く側の角を軽く手前に持ってきます。ここで、写真の○印の部分がすっぽり包装紙に隠れれば、その包装紙の大きさでバッチリです。
 
折る
ひとつの角を隠し、テープを留めます。たまに、商品にテープがかかるようにしている店もありますが、やはり商品はキレイなままで取り出したいと思います。包装紙と包装紙でテープを留めましょう。しっかり押さえて包んでいけば、テープで商品を固定しなくても大丈夫。
 
ひっぱりながら商品を倒す
写真のように紙を引っ張りながら、商品を倒していきます。商品は手前に引っ張りながら倒すのがポイント! 腕の見せ所です。
 
折り目をしっかりつける
商品を写真のところまで倒せたら、折り目をしっかりとつけておきましょう。折り目をしっかりつけるだけで、仕上がりの美しさが変わってきます。
 
折って貼りましょう
商品が隠れるようにもう一方も折り、テープで固定します。
 
完成
最後に残っている紙を、商品のほうに倒して折ります。包装紙の三角部分を写真のように折り、テープで固定すれば完成です!

【上級編】六角形などの箱を包装するラッピング方法

六角形!包めるか?
ここでは、ちょっと変わった形を包んでみましょう。今回は六角形です。これができれば、円すい、円柱など、ほとんどの物が包めるようになります。
 
紙の中央に商品を置く
まずは、紙の中央に商品を置きます。
 
左右をテープで留とめる
左右の紙で商品を包み、テープで固定します。このとき、六角形のような角のある物は、ひとつの辺の部分で折り合わせてテープで留めると、次の工程が包みやすいです。
 
折っていきます
辺に合わせて、ひとつひとつ丁寧に折っていきます。このときに、↑で紙を合わせたとき下側になった部分から折っていきましょう。きれいに紙が重なっていくので見栄えも良いです。自信のない場合は、商品の底の部分からやっていくようにしましょう!
 
最後まで折ってから、テープで固定する
ひとつひとつ丁寧に折り込んでいき、最後の辺の部分の包装紙をきれいにかぶせましょう。最後まで折って、テープで固定します。
 
完成
もう一方も同じように折って、テープで固定すれば、完成です!

いかがでしたか? 意外と簡単ですよね。紙の大きさを選ぶポイントと折るポイントさえ押さえておけば、どんな物でも包めるようになります。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。