ピロー型ギフトボックスをハガキサイズの厚紙で手作り!

ピロー型ボックスは小物のラッピングに便利

ピロー型ボックスは小物のラッピングに便利

アクセサリーなど小さくて軽いものをプレゼントするなら、ピローボックス型ギフトボックスが便利です。ハガキサイズの厚紙で簡単に作ることができます。飾りつけ次第でシンプルなラッピングにも華やかなラッピングにもアレンジ自在です。

 

ピロー型ギフトボックスの材料

材料

材料

  • ハガキサイズの厚紙
  • シール
  • 直径11センチ程度の丸い器(丸いラインをなぞることができれば何でも良い)
  • ヘラ
  • 定規
 

ピロー型ボックスの作り方

上下を折る

上下を折る

1.用紙を縦に置き、上端から4cmの位置で折ります。反対側も同じようにします。





 
両端に筋目をつける

両端に筋目をつける

2.折りたたんだ用紙の左右にヘラを使ってカーブした筋目をつけます。丸い器などを当ててヘラでなぞるとよいでしょう。





 
角を通るように筋目をつける

角を通るように筋目をつける

このとき、角を通るラインで筋目が付いているかどうか確認してください。紙が厚く裏側まで跡がつかないようなら、裏返して同じように筋目をつけます。




 
跡に沿って折り目をつける

跡に沿って折り目をつける

3.つけた筋目に沿って指で丁寧に折り目をつけます。






 
合わせ目を留める

合わせ目を留める

4.一旦平らにし、合わせ目をシールなどで固定します。






 
両端を折り込む

両端を折り込む

5.次に側面を両端につけておいた折り目に合わせて折り込みます。片側を折りこんだ時点で中に包みたいものを入れ、最後に反対側の側面を折り込むようにします。




 
完成

完成

6.ピロー型ギフトボックスできあがり。紙質や両端のカーブの描き方によって側面の収まり方が違ってきます。中身にもよりますが、両端が開かないように固定したい場合はリボンや紐を結ぶのも良いでしょう。いろいろなアレンジで楽しんでください。
 
 
 

ラッピング関連記事

包装紙の包み方!斜め包み/デパート包みのラッピング仕方コツ
キャラメル包み/合わせ包みのラッピングの基本テクニック・コツ
正方形の箱のラッピング!スクエア包み/風呂敷包みのやり方コツ
リボンの結び方でラッピングに特別感を!十字結び・斜めがけのやり方
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。