ビニール袋やポリ袋のラッピング方法

キッチン用マチ付きポリ袋でラッピングするには?

ご家庭でクッキーなどちょっとしたお菓子を作っておすそ分けしたいとき、何に包みますか?雑貨屋さんや100円ショップにはかわいい小分け袋も売られていますが、今回は家庭に常備してあるキッチン用のマチ付きポリ袋を使った気軽なラッピングをご紹介します。
 

ビニール袋、ポリ袋のラッピングに用意するもの

ラッピング材料

材料はこちら。

  • キッチン用マチ付きポリ袋(35×19×6cm)1枚
  • 色画用紙 1枚(18×13cmのものを使いましたが、ハガキ大のサイズがあれば大丈夫です)
  • スタンプ
  • スタンプパット
  • サインペン
  • セロテープ
  • ホチキス
  • ハサミ
  • 包みたいお菓子 
 

ビニール袋、ポリ袋を使ったお菓子の包み方 

袋にお菓子を入れる

まず袋にお菓子を入れる

1. それでは包んでいきましょう。まず、ポリ袋にお菓子を入れます。そのままぶら下げるようにして口部分を持つと自然にギャザーが寄ります。
 
口を折りたたむ

口を折りたたむ

2. 口部分の幅を10cmほどに整え、上からくるくると折りたたみます。中身の量にもよりますが、2cmから3cmくらいの幅で、3回折るのが目安です。この後の作業がしやすいように、セロテープで留めておきます。 

 
袋の巾にあわせてカットする

袋の巾にあわせてカットする

3. 色画用紙を袋の口に当てて、サイズを決めます。袋の口の横幅より、左右が1cm程度長くなるように考えてカットしてください。
 
左右を内側に折りたたむ

左右を内側に折りたたむ

4. 横幅をカットした色画用紙を折りたたみます。まず、今カットした線が下にくるようにしてテーブルに置きます。色画用紙の中心に向かって両サイドを図のように折ってください。
 
メッセージを入れる

スタンプやペンで書き込む

5. これが袋の口を綴じるタグになりますので、お好みのスタンプやサインペンを使って飾り付けをします。「thank you」などのメッセージや、中身の品名を記入しても良いですね。
 
かぶせる

口部分にかぶせる

6. このタグで袋の口を挟み、ホチキスで固定します。これでできあがりですが、もう少し手をかけるなら次のステップへ。
 
紐を通して持ちやすく

紐を通して持ちやすくするのもよい

7. タグを固定するときに、麻紐を通します。紐の長さは、色画用紙の幅の4倍を目安にしてください。紐の端は結んでおきます。巾着袋のようなかわいいラッピングのできあがり。このまま相手に手渡しやすい形です。
 

ビニール袋やポリ袋を使ったお菓子の包み方のバリエーション

ポリ袋から中身が透けて見えるので、カラフルな市販のお菓子のラッピングにも向いています。このラッピングに使うポリ袋は、完全に透明なものより、やや白みがかった半透明のものの方がおすすめです。
 
アレンジ

いろいろな紙や紐でアレンジしましょう

また、口を綴じるタグ部分にはいろいろな紙を使ってみましょう。トップ画像の手前のものは、ワックスペーパー(オーブンペーパー)を使い、マスキングテープをカットしたもので飾ったバージョン。紐の色を変えたり、紐ではなくリボンにするなどちょっとした違いで印象も変わります。ご自宅にある素材を使って楽しんでくださいね。
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。