営業時間の表記は、これらの言葉を知ればばっちり解読!

営業時間

店舗の正面扉やウェブサイトなどには、たいていこのような省略表記で営業時間が示されている。ポイントは、各曜日の呼び方と省略形を覚えること

さて、例えば上の写真は、それぞれいつの営業時間について表記されているのか、おわかりでしょうか。フィンランド語で曜日について表記するときは、各曜日の名前の頭文字2文字を省略記号として用いる習慣があります。

ma./maanantaiーナンタイ):月曜日
ti./tiistaiティースタイ):火曜日
ke./keskiviikkoスキヴィーッコ):水曜日
to./torstaiルスタイ):木曜日
pe./perjantaiルャンタイ):金曜日
la./lauantaiウアンタイ):土曜日
su./sunnuntaiンヌンタイ):日曜日

つまり上の看板は、営業時間がそれぞれ月~金曜9:00~21:00、土曜9:00~18:00、日曜12:00~18:00であることを示しています。

このほかに営業時間を示す看板でよく見かける語としては、以下のものがありますね。

avoinnaaukioloajatヴォインナ/ウキオロアヤットゥ):営業時間
ark./arkipäiväルキパイヴァ):平日
viikonloppuヴィーコンロップ):週末
pyhäpäivä/juhlapäiväプュハパイヴァ/フラパイヴァ):祝祭日
joka päiväイヴァ):毎日
aukiウキ):営業中
suljettuルェットゥ):閉店
klo./kelloケッロ):◯時

ちなみに、「10-20/10-18/12-17」のように、曜日名を出さずに営業時間が3項目併記してある場合は、平日/土曜/日曜と解釈します。

余談ですが、フィンランドのお店は、ショーウィンドーの明かりを閉店時間中も灯し続けておく習慣があるので、あっまだ開いてる!と思って駆け寄ってみたらsuljettuだった、という悲劇が往々にしてあります。

ドアを開けずともわかる、男女トイレの見分け方

女性トイレ扉

トイレに限らず、サウナやスイミングプール、シャワールームの扉でもM/Nの文字はよく見かける

アイコンや色使いで明確に示されていたら迷う必要のない、男性トイレ&女性トイレ。けれど街ではしばしば、フィンランド語の「男性」「女性」それぞれの頭文字だけをとったMNかだけが扉に書かれていることがあり、外国人を悩ませます。

WC/vessa
ヴェッサ):トイレ
M/miesエス):男性 ※「男性トイレ」はmiestenvessa
N/nainenイネン):女性 ※「女性トイレ」はnaistenvessa

 
またこの他にトイレの扉でよく見かける用語は以下の2つ。

invaンヴァ):車椅子でも利用することができるトイレ
lastenhoittoステンホイット):「子守」の意で、乳幼児用のおむつ交換台や専用便器あり

MかNかは、トイレの他にサウナやシャワールームなどでもよく使われる象徴的な頭文字なので、ぜひ覚えておきましょう。

次ページでは、お得な買い物をするのに欠かせないショップ用語と、レストラン・カフェでの困惑用語を一挙紹介!