かわいい!素敵!おいしい!~感情表現も現地語で

蚤の市

蚤の市で素敵なものに出会ったら、すかさず「イハナ」と叫んで店員さんにもアピール

キートスを知っていれば感謝の意は伝えられますが、さらにもう一言、とっさの感情表現のための形容詞をフィンランド語で言えたら、その感激が相手にストレートに伝わるはずです。挙げ始めるときりがありませんが、特にフィンランド人たちが日常的に口にしている、とっておきの表現をいくつかご紹介します。

Hyvä!フュヴァ):いいね、おいしい!

英語のgoodに相当する、もっとも日常的に使用頻度の高い形容詞。発音はちょっと難解ですが、まさに「いいね!」と言いたくなるあらゆるシーンで使えるほか、料理に対して「おいしい!」と言いたいときもフュヴァ!を使います。

イハナカフェ

イハナは乙女心をくすぐられた瞬間にぴったりな言葉

Ihana!ハナ):素敵、かわいい!

日本女子の「かわいい~」に相当する形容詞と言えばコレ。お店で素敵なデザインのものに出会ったとき、人のワンピースを褒めるとき、さらには思わぬ贈り物をいただいたり親切心を感じたときなど、フィンランド女子はまずこの言葉で感激の意を表します。男性向きの言葉ではないので、同じシチュエーションでも男性ならkiva!ヴァ)という人が多いかも(キヴァは男女両用の「素敵!」に相当する言葉です)。

Voi voiヴォイ・ヴォイ):なんと、残念、お気の毒に

残念な状況に遭遇したときや、誰かの失敗や落ち込みを慰めてあげたいときに眉毛を下げて使う言葉。

Kylmä!クュルマ):寒いっ!

厳寒期のフィンランドを訪れたら、気を紛らわすために誰かと掛けあいたい言葉。でも、真冬なのに気温が0度近くまであがった日には、フィンランド人はkuumaーマ)「暑い!」なんてジョークを言いはじめます。

冬の太陽

地面が凍っている日でも、太陽が出ると不思議と暖かく感じるもの

Aurinko paistaa!ウリンコ・イスター):太陽が出て嬉しいね!

太陽の光を浴びている瞬間を、人一倍愛おしく感じる気質のあるフィンランド人。太陽が顔を出した日には、みんな口々にこの言葉をかけあいます。アウリンコ・パイスター自体は「太陽が照っている」の意味ですが、そこには「気持ちいいね、嬉しいね!」の心が込められているのですね。天気がよい日には、屋外マーケットなどでぜひこの言葉を店員さんに振ってみてください。とびきりの共感が得られるはずです!

サウナ

サウナでは、身体の芯からムカヴァ~!の声が出る

そのほかに……
Kaunis!ウニス):(花や洋服などが)きれい、美しい!
Komea!メア):(ルックスが)かっこいい、(オーロラが)すごい!
Hieno!エノ):すばらしい、お見事!
Mukava!カヴァ):(サウナや住居空間、人間性が)心地いい!
Makea!ケア):甘い、(スイートなテイストで)かわいい!
Kallis!ッリス):(値段が)高い!
Halpa!ルパ);(値段が)安い!

また、ここまで紹介したあらゆる形容詞の頭にtosiシ)をつければ、「とっても~!」というふうに気持ちの強調ができます。

Tosi ihana!
(=とっても素敵!)

使わずに済むことを願いたい、トラブル時に叫ぶ言葉

イベント会場

人の多く集まる駅やイベント会場でもし何かに遭遇したら、声を上げて周囲の気を引くことが大事

最後に、これらは使わずに済むことを願うばかりですが、ひったくりや事故など、万が一何かのトラブルに見舞われた瞬間に周囲の気を引き、助けを求める言葉をいくつか記しておきます。犯罪の瞬間は、言葉の分からない外国人だからとひるんでいる相手に毅然とした態度を見せつける意味でも、これらの言葉は有効かもしれませんね。

Apuaプア):助けて!
Odota!ドタ):待って!
Lopeta!
ペタ):やめて!
Varas!ヴァラス):泥棒!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。