列車の案内表示や切符で見かけるフィンランド語

列車の案内板

列車の案内表示板は、地方駅になると英語表記やアナウンスがあるとは限らないので、不安解消のためにぜひ基本単語を知っておきたい

ヘルシンキ中央駅など都市部の大きな駅には、英語アナウンスや表示が完備されているので、そんなに不安を感じることはないでしょう。でもひとたび地方駅へ行くと、もちろんそうとは限りません。正しい切符が買えるかどうか、列車の行き先は間違っていないか、自分の席をきちんと見つけられるか……列車移動の際は、誰しもドキドキしてしまうはず。その不安解消のためにも、ぜひ駅や切符でよく使われる基本単語をチェックしておきましょう。

長距離列車(VR)の切符のカテゴリーは以下のとおり。

aikuinen
イクイネン):大人、一般
opiskelijaピスケリヤ):学生(大学生も学割が適応されます)
lapsi/junioriプシ/ニオリ):子供(国鉄列車での子供割引の適応年齢は6~16歳まで)
eläkeläinenラケライネン):年金受給者

v./vuotiasオティアス):◯歳

※ただし、一般券以外を買う場合は、車内での切符検察の際に切符と一緒に英語表記のある身分証明書(学生なら国際学生証)を提示する必要があります。

そのほかに切符関連でよく見る表示はこちら。

ヘルシンキ中央駅

フィンランド列車旅の起点はやはりヘルシンキ中央駅

lippuップ):切符
menoノ):片道
menopaluuノパルー):往復
luokkaオッカ):等級
vaunuヴァウヌ):◯号車
paikkaイッカ):場所、◯番席 
※切符に書かれたvaunuとpaikkaの番号から自分の席を見つけます。
ikkunapaikkaックナパイッカ):窓際席
käytäväpaikkaキャウュタヴァパイッカ):通路側席

 

そして、駅の案内板で常に見かけるフィンランド語一覧。

aikaイカ):時間
paikkaイッカ):場所、◯◯地
nro./numeroメロ):番号
lähtemisen/lähtö/lähtevätハテミセン/ハト/ハテヴァト):出発◯◯
saapumisen/saapumis/saapuvatープミセン/ープミス/ープバット):到着◯◯
raiteet/laituriイテート/イトゥリ):◯番のりば
myöhästyminenムュオハストュミネン):遅延
peruutusルートゥス):キャンセル
asemaセマ):駅 ※seuraava  asemaウラーヴァ・セマ)は「次の停車駅」の意味

街なかで何気なく、頻繁に目にするフィンランド語集

街角

街を歩いていて目に飛び込んでくる見知らぬ言葉は、異国情緒を誘われるいっぽうで、意味がわかればもっと楽しくなるもの

これまでシチュエーション別によく見かける言葉を紹介してきましたが、そのほかにも街なかで何気なく目にしやすい単語を集めてみました。

sisään/sisäänkäynti
サーン/サーンキャウュンティ):入口
ulos/uloskäyntiロス/ロスキャウュンティ):出口 
※お店や施設では、入口・出口用のドアがきっちり分けられていることがよくあります。
vedäヴェダ)/(ドアを)引く
työnnäトゥオンナ)/(ドアを)押す 
※これらも、知っていればいつでも一発OK。

krs./kerrosケッロス):◯階、の意。案内表示では省略版がよく使われます。
hissiヒッシ):エレベーター
P/pysäkointiピュサコインティ):駐車場 
※オリジナル語は違うものの、省略アルファベットはたまたまフィンランドでも「P」。
Otto./Otto-automaattiット/ットウトマーッティ):フィンランドの24時間対応ATM

Tervetuloa!ルヴェットゥロア):ようこそ!
vaara-alueヴァーラ・アルエ):立入禁止

次ページでは、覚えやすくて使いやすい挨拶表現をいくつかご紹介!