お風呂上がりも漂う柚子の香りの入浴剤

冬になると手足の先が冷たくなる私が最近気に入っているのが、重曹と柚子を使った手作り入浴剤です。

重曹をたっぷり目に入れるとお湯がトロッとして、まるで飴湯に浸っているようなリラックスした気分が楽しめます。その上、お肌もしっとりと調子が良く、お風呂も冷めしにくくなりますし、湯冷めしにくい気がします。

さらに、重曹はおそうじなどにも使えるものですので、お風呂から上がったらそのままスポンジで軽くこするだけでお風呂掃除も終わり、まさに一石二鳥なのです。

■材料
用意するものは重曹と柚子の実2~3個程度

■手順
沸いたお湯に半分にカットした柚子の実と重曹1カップ程度を入れて、よく混ぜるだけ。とろみが出てくれば完成です。もっと柚子の香りを楽しみたいという方は、4分の1にカットして下さい。柚子の実や種などが気になる方は、カーゼなどで包んでおくと気になりませんよ。

良い香りの柚子をお肌にこすりつけると、お風呂上がりにもほのかに柚子の香りが漂って、気持ち良く眠ることが出来ます。とくに冷え性に悩まされていらっしゃる方は、是非一度お試しください。

※データは記事公開時点のものです。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。