米麹パック&化粧水の作り方と使い方!しっとり明るいお肌を目指す

 

 

日本酒を造る方々の手はとても白いです。
昔から麹には美白効果が期待できるといわれてきました。
ここ最近の麹ブームに乗って、麹の化粧水+パックも手作りしてみましょう。
何といっても、安価に簡単にできるというのが最大のポイントです。

■材料・道具
  • 60度程度(熱いけど指は数秒突っ込める程度)のお湯250ml
  • 米麹25g
  • ボウル2つ
  • 濾し布&ざる等(コーヒーフィルターなどでもOK)
  • 化粧水を入れる容器(消毒を忘れずに)
 
■作り方
 
  1. まずは固まっている米麹をよーくもみほぐします。
  2. 60度のお湯の中に米麹を入れ、2~3時間ほど放置します。
  3. 放置したものをコーヒーフィルターなどで濾して、水の方は化粧水として使います。
  4. のこりの米麹で塩コウジや醤油コウジを作ってもいいですが、パックとして使ってもOK。ミキサーなどですりつぶしても。

濾した水の使い方
普段の化粧水として使います。シミの気になるところは重ねづけを。化粧水+コットンなどでたまにパックをするとなおよいと思います。

■米麹の使い方
  1. そのままパックとして顔に塗って、10~15分ほど放置。
    ぽろぽろ落ちてきそうな場合は、上からキッチンペーパーやラップなどを覆ってください。
    口や鼻の部分に穴を開けるのを忘れずに。
  2. ふき取ったり洗い流したりして、取り除きます。
  3. 米麹化粧水で肌を整えて、完了。
 

米麹パック&化粧水を使い続けるとくすみがちな肌も明るくなる

化粧水もパックも、まず始めにわかるのは、お肌がしっとりつるっとすること。
枯れ葉の方が生花よりも燃えやすいように、お肌に水分がないと紫外線によるシミも出来やすくなります。水分補給は大事です。

あと、コウジ酸配合のSK-IIのような市販の化粧品のように成分濃度が高いわけではないので時間はかかりますが、使い続けるうちにシミが薄くなってきたように感じます。また、割とくすみがちだったのですが、肌色が明るくなってきました。

※データは記事公開時点のものです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。