自宅での足湯に必須アイテム

 

 

足湯をする時に必須なのが、ショウガと毛糸の靴下。すりおろしたショウガの搾り汁をお湯に入れることで、発汗作用がアップし、毛糸のくつ下をはくことで、温かさが持続します。

発汗作用&温かさキープ

足湯をする時、できるだけ早く汗をかいて、血行をよくしたいと思うものの、市販の入浴剤を入れるのは、コスト的にも避けたいところではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、足湯に「ショウガの搾り汁」を入れるという方法。湯船にショウガを入れるとなると、相当な量が必要ですが、足湯なら、ショウガ1個をすりおろせば、十分。

めんどうな場合は、スライスしたショウガを入れてもOKです。
ショウガを入れることで、より早く血行が促され、汗もたっぷりでます。

また、足湯のあとは、温かさをキープすることが大事。それには、毛糸の靴下がオススメです。私は知人からいただいた手編みのくつ下を足湯のあとに履いているのですが、30分ぐらいは温かさが持続します!

自宅での足湯は、短時間で汗をかくことと、温かさをキープすることがポイントだと思います。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。