10分間の足湯で冷え性も改善

厳しい冬、毎日の足の冷えに辛い思いをしている方も多いと思います。
そこでおすすめなのが、体を芯から温めてくれる「足湯」。
体質改善にも効果があり、入浴プラス足湯を行うことで冷え性改善に導いてくれます。

お湯に足を入れるということは知っていても、具体的な方法は知らないという方の為に、まずは基本の効果的な足湯の方法をご紹介します。

  1. 大きなバケツにお湯(約40℃)を7分目まで入れる
  2. バスタオルを腰に巻き、バケツごと包むようにして足を入れる
  3. ふくらはぎの真ん中くらいの高さ(←ポイント!)までお湯に浸ける
  4. 目安は10分、リラックスして体を温める

この時、脚痩せの大敵“むくみ”に効果的なのが「塩」です。
特に、ナトリウムが豊富な海塩(あら塩)や死海の塩(デッドシーソルト)がおすすめ。
海塩は価格も安いので大さじ山盛り1~2杯程度をたっぷりと入れて足湯して下さい。

塩以外のおすすめ材料

ほか、冷え症にはブラウンソルト・ピンクソルトなどの岩塩を、
保湿や血行促進、抗酸化作用にはローズマリーなどのハーブティーを、
消臭には茎茶をブレンドするのがおすすめです。

身近な材料でグンと効果がアップする足湯。いろいろなプラスアイテムで、足湯も楽みながら体質改善したいですね。

■海塩
価格:1kg1,000円程度 
購入可能場所:スーパーマーケットなど 

■デッドシーソルト(死海の塩)
価格:500g900円程度
購入可能場所:アロマ専門店やネット通販など

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。