行動に重さを感じたら

コーチング

行動が重くなったら振り返ってみる

軽やかに、そして心地よく行動できるときがある一方で、
  • やらなくてはいけないのになかなか行動できない
  • やろうやろうと思いつつ、後回しにしている
  • やってはいるが重苦しい
というように、行動に重さが伴うときがあります。
そんなとき、私たちはなんとか行動を起こそう(もしくは継続しよう)と
  • どうしたらいいか
  • どんな風にしたらいいか
  • 何をしたらいいか
と、とるべき「行動」について自問自答しがちです。しかし、こうしたつぶやきは行動をさらに重いものにしてしまっている可能性があります。

実は行動を起こすためには、「行動」そのもの以上に目を向けるべきことがあります。それを無視してとるべき「行動」ばかりに目を向けると、ますます「義務感」や「脅迫感」に追い立てられるようになります。

そんなとき、ぜひ試してほしい手法をご紹介しましょう。

ゴールに立ち戻る

「最高のサービスを提供する」
「過去最高の営業成績を上げる」
「昇進試験に合格する」

おそらく今取り組んでいる行動にはその元になる「ゴール」があったはずです。そうした「ゴール」はそれ自体、私たちのエネルギー源となります。しかし、ゴール達成を目指す過程で、私たちはいつのまにかそのための「行動」や「試行錯誤」に埋没してしまうことがあります。

そういうときこそ、
「そもそも何のためのこれに取り組んでいるのか?」
「この行動は未来の何につながるのか?」
ともう一度「ゴール」に目を向けるような質問を自分にしてみてください。

同じ行動をするにしても、目を向けているのが「未来(ゴール)」か「現在(目の前の行動)」かによって軽やかさはぐっと変わってくるはずです。