失見当識や口から出る不明瞭な言葉…「せん妄」の可能性も

せん妄の特徴・原因・鑑別疾患・対処法

朝、起きた時、そこがどこだか分からなくて、プチパニックになった、といった失見当識は、もしかしたら誰にでも覚えがあるかも

ほんの数日前は、周りの目には特に問題なく見えていた人に起きる、一種の意識障害。それは例えば、自分のいる場所が急にどこだか分からなくなっている。あるいは、今が朝なのか夜なのか区別が付いていない……。もしこんな事態が発生したら、医学的には「せん妄」の可能性があります。

今回はメンタルヘルスの基礎知識として、この、せん妄に関して、その特徴や原因を、併せて、関連する疾患や対処法なども詳しく解説します。

せん妄の特徴…現われやすい問題は?

せん妄とは耳慣れない、場合によっては意味不明な言葉かも知れませんが、その意味するところは、数時間、長くとも数日のうちに、意識レベルがそれまでのそれより、一時的とはいえ、かなり低下した状態で、それゆえに認知機能もかなり低下します。

例えば、自分が今いる場所や、その時間が分からなくなってしまう可能性があります。こうした問題は医学用語で「失見当識」と呼ばれ、せん妄の特徴的な問題の1つです。言い換えれば、短期間で出現した、失見当識は基本的にせん妄です。

この失見当識のほかにも、一時的な認知機能の低下が引き起こす問題には以下のようなものがあります。

  • 注意力の低下。例えば、自分の様子を心配して、話しかけてきた相手に、注意を向けられない
  • 記憶力の低下。例えば、相手が当人に名前を尋ねた時、自分の名前を言えない。
  • しっかり口から言葉が出なくなっている
  • まわりの目には、当人の様子に何か不可解な面がある
 

せん妄の原因 ……アルコール依存症の退薬症状として現れることも

せん妄で出てくる、上記のような問題は、脳機能が何らかの、通常は何か医学的な問題で、一時的に低下したことが原因です。せん妄が起きるメカニズム自体は、まだ完全に解明されてはいませんが、せん妄に関わる脳内の部位としては、覚醒と睡眠に関わる、脳幹内の網様体などが重視されています。また、脳内での神経伝達物質の一つアセチルコリンの機能低下なども、せん妄の出現に関わるようです。

せん妄の原因は基本的には脳機能を一時的に低下させるような問題で、それゆえにさまざまあります。例えば、もともと中枢神経系に何か問題があり、その経過のなかで、一時的に脳機能が、せん妄が起きるほど、低下してしまった場合もあります。また、腎不全など何か医学的な問題があり、そのために、もし仮に全身の状態が悪くなれば、その1内容として、せん妄が出てくる可能性もあります。さらには、中枢神経系に作用する薬物類の過剰摂取による中毒症状として、あるいはその薬物からの退薬症状として、せん妄が出現することも時にあります。

例えば、アルコール依存症のかたが、何らかの理由で突然、飲酒を絶ってからの、体にアルコールが全く入ってこない、いわゆる退薬期に、もし仮に肝機能の低下など、何か深刻な医学的問題があるような場合、時にせん妄が起きることもあります。

せん妄は時に認知症のように見える事も……

せん妄は時に何か別の医学的問題に見えることがあります。例えば、せん妄の記憶障害、失見当識、あるいは意味不明瞭な言動を、まわりが場合によっては、認知症だと勘違いする可能性もあります。

その勘違いを正すポイントとしては、せん妄で現れる、そうした問題は、一般に数時間から数日レベルの、ごく短期間で出現すること、そして、認知症を思わせる問題自体も、その深刻さ自体は長く続かないことから、脳機能の低下は一時的であろう、ならば、それはいわゆるアルツハイマー型認知症のような問題ではなく、せん妄の可能性が大だ・・・と、分かります。

また、せん妄では時に幻覚や妄想が現われる事もあります。そうした問題は統合失調症などで現れやすいので、場合によっては、そのように勘違いするかもしれません。その勘違いを正すポイントとしては、統合失調症の方は、場合によっては脳機能が低下しているように見える場面もあるかもしれません。しかし、そうした状況でも、せん妄で見られるような、自分の名前を思い出せない、自分がどこにいるのか分からない…といった事は通常ない・・・と、いったことで区別がつくものです。

 

せん妄への対処法・病院受診の必要性に関して

せん妄への対処は、基本的にはまずその原因を見極めて、それに対処していく事になります。その間、現われている、それぞれの問題に対しては、例えば、もし仮に幻覚が出ていれば、抗精神病薬など、その治療薬が必要になるでしょう。

それで、せん妄は、その原因が解決できれば通常1週間以内に、元に戻ります。たた、そのプロセスには個人差が出る要因もあります。例えば、その方の年齢が高ければ、それに応じて回復に要する時間が長くなる傾向があります。

最後に、せん妄の具体的な状況を1つ出してみます。例えばの話ですが、何かの折に頭を強打して、硬膜下血腫ができたことが原因で、せん妄が生じた、とします。この場合、その血腫を除去すれば、それがせん妄の原因ですので、それで、せん妄は治るはずです。しかしもし本人が病院受診されなかったら、そのせん妄は持続する可能性があります。そして、もし本人が高齢ならば、周囲の目には、認知症の症状のように映る可能性もあります。

それで仮に、そのかたが高齢の1人暮らしの女性だった場合、久しぶりに顔を見に来た息子さんは、母親の認知機能がかなり低下していることに、ショックが大きいかもしれません。しかし、すぐに母親を病院に連れて行き、頭部のCT検査などを受けられれば、血腫の存在はすぐ分かりますので、その治療が終われば、元の母親に戻っているはずです。

また、せん妄に関して覚えておきたいことですが、それが起きる背景には、実は悪性腫瘍なども含めて、至急対処すべき医学的問題があることが少なくありません。もしも、ご家族など身近な人が、ここまで述べてきた、せん妄を思わせるような状態になっていたら、至急、病院受診すべき緊急事態だということは、是非頭のどこかに置いておいてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項