塩でシンプルに食べたい、なすの挟み揚げ

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず天ぷら

 

塩でシンプルに食べたい、なすの挟み揚げ

なすの挟み揚げは豚ひき肉で作るレシピが一般的ですが、生のむきエビを使ってもおいしく仕上がります。味付けのポイントは、エビと一緒に生姜や白ねぎのみじん切りを合わせること。

エビとなすのおいしさをシンプルに味わえるよう、塩をつけて食べるのがおすすめです!

なすの挟み揚げの材料(3~4人前

なすの挟み揚げの材料
なす 2本
むきエビ 150g
生姜 ひとかけ分
ねぎ 白い部分を10cm程度
ひとつまみ
こしょう 少々
天ぷら衣の材料
薄力粉 50g
卵黄 1個分
100ml

なすの挟み揚げの作り方・手順

なすの挟み揚げの作り方

1:材料を用意する

材料を用意する
用意する材料は、なす、生のむきエビ、生姜、白ねぎです。生姜と白ねぎはそれぞれみじん切りにした状態で、生姜は小さじ1、白ねぎは大さじ1程度用意します。

2:なすの切り方

なすの切り方
なすは1cm弱の輪切りにして、水に落とします。あく抜きをした後は、キッチンペーパーで水気をしっかりふきとっておきます。

3:むきエビをたたく

むきエビをたたく
むきエビは背ワタを取り除き、包丁でたたいて細かくします。

4:たたいたエビに下味をつける

たたいたエビに下味をつける
たたいたエビはボウルに移し、生姜と白ねぎのみじん切り、ひとつまみの塩、こしょう少々を合わせ、しっかり粘りが出るまで手で練り合わせます。

5:エビのすり身をなすで挟む

エビのすり身をなすで挟む
なすの両面に小麦粉を振り、余分な粉を落としたら、エビのすり身を間に挟みます。 揚げている途中ではがれないように、少し力を加えてエビとなすをぎゅっとくっつけておくとよいです。

6:天ぷら衣をつけて揚げる

天ぷら衣をつけて揚げる
天ぷら衣の材料を合わせて衣を作り、さっとその衣になすをくぐらせて、160℃程度の少し低めの油で揚げます。

7:一度上下を裏返して、火をしっかり通す

一度上下を裏返して、火をしっかり通す
なすの厚みや挟んだエビのすり身の分量にもよりますが、揚げ時間の目安は4分。一度上下を裏返して火を通し、揚げたてに塩をつけていただきましょう。 今回はししとうを素揚げしたものを添えました。

ガイドのワンポイントアドバイス

揚げたなすを半分に切ると、なすの紫色とエビの赤色がきれいに並んで見えます。見栄えもよいので、ちょっとしたおもてなし料理としても喜ばれる一品です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。