甘みと酸味が絶妙 たらのソテー りんごソースがけ

所要時間:30分

カテゴリー:サブのおかずソテー

 

甘みと酸味が絶妙 たらのソテー りんごソースがけ

甘みと酸味のバランスが絶妙なりんごソースはお子様も喜んで食べてくれます。りんごは皮にもポリフェノールやペクチンなど多くの栄養分を多く含んでいます。皮ごとすりおろして摂取しましょう。隠し味に醤油を加えるのがポイントです。


たらのソテー りんごソースがけの材料(2人分

たらのソテー
たら 生たら 60g×2切
小さじ1/8
こしょう 少々
加塩バター 10g
りんごソース
りんご 種を取り皮ごとすりおろしておく 30g
トマト水煮缶 カットしてあるもの 35g
トマトケチャップ 小さじ1
白ワイン 小さじ1
醤油 小さじ1/2
粉チーズ 小さじ1/4
店頭には生タラと塩タラが売っていますが。塩タラは塩分が高いです。生タラを買い自宅で下味として塩を振って調理した方が塩分控えめに、また味も上品に仕上げることができます。

たらのソテー りんごソースがけの作り方・手順

たらを調理する

1:下味をつけてソテーする

下味をつけてソテーする
生たらの両面に塩とこしょうをふり10分ほどおきます。フライパンに加塩バターを入れて加熱し、表面の水気をペーパータオルなどで拭き取った生たらを並べて両面がきつね色になるまでソテーします。仕上がったたらはバットなどにあげておきます。

りんごソースを作る

2:たらを調理したフライパンに材料を入れて1分ほど煮つめる

たらを調理したフライパンに材料を入れて1分ほど煮つめる
たらを調理したフライパンに(フライパンの表面は拭いたり洗ったりする必要はありません)りんごソースの材料をすべて合わせ、1分ほど加熱します。
最後1分ほど加熱することで、白ワインのアルコール分がとび、ペクチンの作用でとろみがつきます

3:盛り付ける

盛り付ける
たらを皿にのせ、りんごソースをたっぷり添えましょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回はたらを使いましたが、さわら、ぶりなどの魚、鶏肉、豚肉でも美味しく召し上がれます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。