スペインの世界遺産 タラゴナ

タラゴナ

タラゴナ

スペインでも最大規模の古代ローマ時代の遺跡が残る街が、タラゴナです。街のシンボル的存在なのが、ローマ時代の円形劇場などがあり、タラッコの考古遺跡群として、世界遺産に登録されています。

タラゴナは紀元前約200年前のローマ時代にローマ帝国がスペインを侵略した時に拠点となった地。そのため、ローマ円形劇場のほか、ローマ水道橋、タラゴナ大聖堂、公共広場、地中海のバルコニーなど多くの遺跡や見どころが残っているのです。

遺跡を満喫できるだけでなく、タラゴナの街は地中海に面しているため、ビーチリゾートとしても知られ、海水浴も楽しめます。観光スポットのエリアがまとまっているため、散策にはとても向いています。

タラゴナまでのアクセス方法は、バルセロナのサンツ駅から国鉄RENFEにて、タラゴナ駅まで約1時間、約20分おきに電車が出発しているので、観光客にはとても便利です。バスでは、バルセロナの北バスターミナルから1時間15分~1時間30分ほどで到着します。

(C)写真提供 スペイン政府観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。