治安面も安心! バルセロナのタクシー

解説画像

緑のランプが空車のサイン

目的地が地下鉄の駅から遠い場合や、疲れてもう歩きたくないときに便利なのがタクシー。深夜や早朝などの人通りが少ない時間帯に出かける場合も是非利用しましょう。乗客が被害にあうような事件は聞いたことがないので、治安面も大丈夫。英語のレベルは運転手により様々ですが、バルセロナの運転手は外国人客に慣れているので、目的地さえ言えれば問題ないはず。朝8時過ぎ~9時過ぎ、夕方の6時~7時頃は、渋滞の恐れがあります。時間に余裕を持って出かけられることをおすすめします。
 

タクシーの乗り方

バルセロナでタクシーは、基本的に流しのものを拾います。タクシーのフロントガラスに「Libre」と書いたラベルが表示され、緑のランプが点灯していれば、空車のサインなので、手を上げて止めましょう。4つ星以上のホテルの前にはホテル専用のタクシーがあるので、ホテルから空港へ行く際などに便利。レストランでのディナーの帰りなどにタクシーが必要であれば、お店の人に呼んでもらいましょう。
 

タクシーの料金

2018年12月現在のタクシー料金は、平日の8~20時が初乗り2.20ユーロ、キロメートルごとに1.17ユーロ加算されます。時間帯や祝祭日などによっても料金は細かく分かれています。

ちなみに、空港からの料金はこれに当たりません。空港発着は初乗りが3.10ユーロでその他トランク料金などもかかります。チップは義務ではありませんが、おつりに端が出るようならセンティモ単位でも渡せばスマートです。
 

関連記事

バルセロナの地下鉄、チケット料金や運行時間
バルセロナの観光スポット・名所おすすめ10選
バルセロナ、プラット空港から市内へのアクセス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。