中華鍋を徹底的に焼いてから炒めるのが、
おいしいチャーハンを作るコツ

 

 ネギ玉子チャーハンの完成

 

フライパンに塩を投入して焼いて、焼きながら、乾いた布巾でギュギュッと力を入れてこすり回して、焦げ付きクセをこすり落とします

 

 ごはん、卵、ネギを炒めます


中華鍋を煙が出るほど焼いてから炒めはじめるのが、チャーハンをおいしく作る最大のコツですが、最近の樹脂加工のフライパンでも、手軽に、くっつかずに、おいしいパラパラチャーハンが作れると思います。

中華鍋で作る方法

鉄鍋(中華鍋、フライパン)は、一度焦げつきクセがつくと、なかなかもとに戻らないので、「どうしても、鍋の、この部分だけくっつくのよね」と感じた時は、フライパンに塩を投入して焼いて、焼きながら、乾いた布巾(厚いもの)でギュギュッと力を入れてこすり回して、焦げ付きクセをこすり落とします。すぐに使わない時はさっと洗って、熱して乾かして、油をつけたペーパーで拭いておきます(塩が熱いので要注意! 樹脂加工フライパンにはこのワザは使えません)。


■ネギ玉子チャーハン

材料

  • ごはん(ジャーに残っていた、前日の堅めのごはんが最適) 2人分
  • 卵 2個
  • 長ネギ 1/2本
  • サラダ油 大さじ2
  • 酒 小さじ1~2
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々
  • 醤油 小さじ1
  • ガラスープの素(粉)、味の素 少々
  • ごま油 少々

作り方

  1. 卵は溶いておく。ネギは粗みじん切り。
  2. 鍋を煙が立つほど熱し、サラダ油を入れて鍋をまわしてなじませ、卵を一気に流し入れ、お玉で手早く大きく混ぜてふわっとした炒り卵にして、七分通り火を通す。
  3. 卵の上に、ご飯とネギを入れて、お玉の背で軽く押しつけながら、ネギのいい香りがしてくるまで炒める。
  4. 酒を振り入れてパラパラにほぐすように炒め、塩、こしょう、ガラスープの素を入れて炒める。
  5. 醤油を回し入れて炒め合わせ、鍋肌からゴマ油を回し入れて軽く混ぜて出来上がり。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。