頼りがいのある彼が変わってしまったのはなぜ? 

enabling5

仕事もせず、お酒やギャンブルにおぼれていく彼。付き合う前は違っていたのに・・・・・・

出会った頃には男っぽくて頼りがいがあり、バリバリ働いていた彼。それなのに、付き合いだしてからは仕事を辞め、求職活動もせずに家でゴロゴロする日々。昼間からお酒を飲み、気晴らしにパチンコに行けばお金を浪費してしまう。彼は決まって「そのうちちゃんとするから」と言うけれど、本当に信じていいのだろうかと心配になってしまう・・・・・・。

なぜか、付き合う男性が決まってこのようなパターンになるなら、彼女であるあなた自身が、彼の行動を助長させているのかもしれません。

働き者で頼りがいのある彼があっさりと仕事を辞め、酒やギャンブルにおぼれていったのは、なぜでしょう? それは、彼がその状況を許され、甘え続けられる環境を得られたからです。このように、身近な人の依存や問題行動を許し、助長させることを「イネイブリング」といい、それを行う人を「イネイブラー」と言います。

甘えを許しすぎた彼女のイネイブリング 

enabling2

文句を言い続けても、結局は彼の行動を許しているのでは?

「イネイブリング」を行う女性には、ある行動の特徴があります。先ほどの架空の事例で考えると・・・・・・

・ 「仕事がつらい」と言う彼に同情し、「当面は私が稼ぐから大丈夫」と彼の生活の面倒を見ることを約束してしまう。
・ 求職活動をしない彼に文句を言うも、まじめに取り合ってくれないので、いつしか真剣に怒ることもなくなっている。
・ 「お酒やパチンコをやめて」と言っているのに聞いてくれないので、結局は彼のわがままが通っている。
・ 彼からお金が必要だと言われるので、渋々ながらも渡している。
・ 家事をやってくれないので、結局自分一人でやっている。

彼女は、無意識のうちにこんな行動をしているのではないかと想像します。実は、このように心配や愛情、優しさから生まれた行動が、パートナーの依存や問題行動を助長させる「イネイブリング」になってしまうのです。

彼女には、自分が彼を破滅の道に誘導しているなど、思いもよらないことだと思います。しかし実質的に、彼が働かないことを容認していることで、彼は「この人と一緒にいれば、もう俺は頑張らなくてもいい」と思い込んでいるのかもしれません。文句を言い続けても飲酒やギャンブルを許していることで、彼は「結局、最後には自由にさせてくれる」と勘違いしているのかもしれません。

このように、相手を思ってやっていることが、実は本人のためになっていないことも多いのです。