緻密な設計が美しさと履き易さに昇華!

ハイトウブーツ

ハイトウブーツは二の甲から上を靴紐でしっかり固定する一方で、つま先の上下方向には余裕を持たせ、指の可動域を高めているのが大きな特長です。上から見るとトウシェイプは何気なくオブリーク形状。どうりで指にストレスが掛からない筈です。9万3450円(GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)

次にご紹介するのは、外羽根式のハイトウブーツとその弟的存在のハイトウシューズです。名前はもちろん、独特な形状を持つつま先に由来するもので、前ページのボタンドブーツと同様に19世紀末期に人気となったものの、それより着脱が容易なこともありこの2足は特に庶民に愛されました。上下方向に余裕を持たせることで指の「まねき」を容易にした意味で、このトウシェイプは快適性を重視した意匠の先駆け。それを現代人の足に向くようアレンジすることで、素足であっても履けてしまう快適性を実現しています。竹ヶ原氏自身も実際に、結構な頻度でそう履いてしまうとのこと。
ハイトウシューズ

一方ハイトウシューズは羽根の伸びやかな線が特長。鳩目と鳩目の縦・横のピッチも快適性・美しさ双方から非常に考え抜かれたアプローチがなされています。下手をしなくても、スポーツメーカーのスニーカーよりも長時間疲れず履けるのでは? 税込7万9800円(GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)

一般庶民に愛された史実を踏まえ、双方ともヒールにはビンテージシューズ好きが泣いて喜ぶ”CAT’S PAW”ラバーヒールを採用し、実用的な機動性を十分に確保しています。とは言え、スタイルは典型的なパンチドキャップトウとすることで、落ち着いた印象を加えてバランスを取っているのは流石の一言! 鳩目と鳩目の縦間隔も横間隔も考え抜いた上で、それらが付いた羽根がソールへと落ち込む線を、当時のものよりかなり後方に伸ばしてヒール前端の線に連続させることで、古めかしさを消去している点も見逃せません。
キャッツポー

ハイトウブーツ・ハイトウシューズ双方に装着されるCAT’S PAWヒールです。デザインがとにかくカッコいいのみならず、グリップ力も確かなもの。新品での調達がなかなか困難なヒールですが、ファンが多いのも頷けます

ちなみにトウキャップの線の位置については、同一サイズであっても両者では実は微妙に変化させていて、また同じモデルでも異なるサイズならば、やはりその位置も変化させています。これは竹ヶ原氏が見え方のバランスに全く妥協を許していない、何よりもの証拠。既製靴の世界ではこの位置を、下手をするとどんなサイズでも「つま先からXcm後ろ」と固定してしまっているものも結構あるのですが、彼の靴にその種の手抜きは、正にあってはならないものなのです。

【商品案内】
「ハイトウブーツ(HIGH TOE BOOTS)」
・色: 黒(素材はイタリア製ベビーカーフ)
・底材: レザーソール+CAT’S PAWラバーヒール
・製法: グッドイヤー・ウェルテッド
・サイズ: 23.0~28.0cm
・価格: 9万3450円

「ハイトウシューズ(HIGH TOE SHOES)」
・色: 黒(素材はイタリア製ベビーカーフ)
・底材: レザーソール+CAT’S PAWラバーヒール
・製法: グッドイヤー・ウェルテッド
・サイズ: 23.0~28.0cm
・価格: 7万9800円

ということで、まだまだ紹介したい靴やグッズが山ほどあるのですが、一気にご紹介してしまうと、個々のアイテムから出てくる迫力に圧倒されてしまうので、それらは後編に回しましょう。こうご期待!

【お問合せ先】
GALLERY OF AUTHENTIC
住:東京都渋谷区神宮前2-27-12 AUTHENTIC BLDG. 1F
地図: Yahoo!地図情報
TEL:03-5412-6908(直通)
営:12時~20時
休:水曜
HP:GALLERY OF AUTHENTIC

【最近の記事】
銀座ヨシノヤ12年秋冬の新作とパターンオーダー受注会
CENTRAL from ワールドフットウェアギャラリー+α
アッパーの切り傷を、どうにか目立たなくさせる!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。