ストレッチでアンチエイジング! 

いつまでも綺麗なカラダをキープするには、ストレッチがオススメ!

いつまでも綺麗なカラダをキープするには、ストレッチがオススメ!

疲れが溜まってくると体にむくみやコリを感じ、ちょっと老けこんでしまった気分になりませんか? それは、血液循環が悪くなって、疲労物質が溜まり、栄養を運んでくれるリンパ液も滞って体の機能が低下するから。解決策は軽いストレッチで血液循環をよくすることがオススメ。

しかも今回は、「たるみを回避したい!」と思う人にぜひ挑戦してほしい、骨盤周辺&フェイスラインをスッキリキープする、アンチエイジング・ストレッチを紹介します。

その前に、ストレッチがアンチエイジングに効果がある理由を説明します。

■可動域を広げ、脂肪燃焼率をアップ
硬くなりやすい関節や、筋肉の動きをストレッチでほぐすことで、可動域を上げます。動作が大きくなれば当然基礎代謝もアップし、脂肪燃焼系ボディになります。特に女性ホルモンと深く関わりがある仙骨(骨盤内)を調整すると、骨盤内の血行促進、卵巣からのホルモン分泌が活発になり、いつまでも美しいボディラインをキープしやすくなります。

■美肌効果
深い呼吸により酸素を体中に行き渡らせることで新陳代謝が活発になり、美しい肌をキープしやすくなります。

■成長ホルモンを促進
アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンは、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されます。お休み前にストレッチで凝りをほぐすことで、リラックスモードの副交感神経が優位になり、快眠しやすくなります。

いかがですか? ストレッチでこれだけの効果が期待でき、自宅で簡単にできるので、今すぐ始めましょう!
 

骨盤周辺を整えるストレッチ

アンチエイジングには骨盤ストレッチが欠かせません。脚を組んで座るなど普段の癖から骨盤のバランスが悪くなり、左右のウエストラインのくびれが変わったり、内臓の位置がズレるなどして脂肪が付きやすくなります。また、脚の付け根にはそけいリンパ節があり、この流れをよくするだけでむくみの解消に効果があります。そこで、お腹を絞りながら内臓の動きを活発にし、血液循環を促し、更に股関節周辺も刺激しながら骨盤修正するストレッチを始めましょう。  

このストレッチのポイントは、両坐骨が床から浮かないように意識し、足の付け根を引き寄せるようにイメージし、骨盤が閉まるように意識しましょう。

1 

1. 両脚を伸ばし長座になります。このときに、坐骨(お尻の骨)を床に立てるように意識すると、骨盤が床と垂直になります。

 


 
2 

2. 左ひざを曲げ、右ひざ外の床に下ろします。






 
 

3 

3. 両手のひらを左床につけます。


 

 

4 

4. ゆっくり息を吐きながら、体を左側にねじり5呼吸。このとき、右目で後をのぞきこむようにすると、左の右腰からしっかりねじれます。