水の美容効果とは?

毎日飲む水だからこそこだわりたい!

毎日飲む水だからこそこだわりたい!

皆さんは、意識して水を飲んだことがありますか? 健康のため、デトックスのため……と考えると、1日1.5~2リットル程の水を飲むのが理想とされています。
人が生きていく上で、水は必要不可欠。人間の体もおよそ6割が水分ですが、寝ている間だけでも500mlペットボトル1本分もの汗をかくので、減ってしまった分の水は、飲むことで補給するしかありません。

そんな大切な水ですが、「なんでもいいや」と思って飲むのと、用途によって飲み分けるのでは大きな違いが現れます。毎日飲む水だからこそ、こだわってみませんか? 今回は、水美容をテーマに、水の種類や効果をご紹介します!
   

硬水・軟水の美容、健康効果をそれぞれ紹介

井戸水と水道水も水質が違う?

井戸水と水道水も水質が違う?

まず、水の硬度について。「硬水や軟水というのは聞いたことがあるけど、どう違うの?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。その文字の通り、水の硬さを表すものですが、飲みやすさも随分違ってきます。

たとえば、日本の水は軟水で、口あたりの良いまろやかな飲み心地が特徴的。逆に、北米やヨーロッパの水は硬度が高いことで有名です。その他にも、硬さによってこんな成分の違いや効果があるのです。

ちなみに、井戸水(地下水)は水道水に比べて処理をしていない分、カルキ臭さが無いなどのメリットがありますが、安全性が問題。一度沸騰させるなど、工夫が大切です。


・硬水は便秘解消に良い?
お肉には硬水が好相性!

お肉には硬水が好相性!

硬水には、マグネシウムが多く含まれているため、便秘予防に役立つと言われています。それに伴い、ダイエット効果やデトックス効果にも期待が集まっています。

また、肉料理が多く出される北米やヨーロッパでは、日ごろのミネラル不足を追及するために硬水が自然と選ばれ、日常的に愛飲されているケースが多いようです。


・軟水は美肌効果あり?
 
2

サラサラ髪を目指すなら、軟水☆

軟水はマグネシウムやカルシウム量が低く、口当たりがとてもまろやか。お茶やコーヒー、紅茶などを入れる時に使うと美味しくなります。また、飲むだけでなく、お風呂に入ればツルツル美肌効果も! 

さらに軟水は、髪にやさしいので、洗髪の際にもキシキシせず、美しい髪を保ちます。日常生活にとても役立つ水と言えそうですね。

 

炭酸水美容の実際!海外セレブが火付け役の炭酸はどんな効果が?

シュワシュワ泡がクセになりそう♪

シュワシュワ泡がクセになりそう♪

ミネラルウォーターの他にも、水にはさまざまな種類があります。特に、美容健康効果でも注目を集めている炭酸水を筆頭に、「いま気になる水」に期待できる効果についてご紹介します。

海外セレブの美容法として火が付いた、炭酸美容。いまや炭酸コスメ、炭酸シャワー、炭酸パック……、飲むだけでなく、様々なジャンルで見かけるようになった炭酸。

炭酸ガスが血管の中に入ると、酸素不足の状態になります。酸素が不足した血管内では血流が増加。その結果、様々な健康・美容効果をもたらすのです。

その主な効果がこちらです!


・血行促進 ・・・・・・血管が拡張することにより、血流促進効果も。血流が良くなると肌の活性化にも繋がり、美肌維持にも効果的です。

・整腸作用 ・・・・・・炭酸ガスは、腸の働きを活発にします。腸を美しく保つことで、美肌効果や体調維持にも繋がります。

・デトックス ・・・・・・炭酸ガスはたんぱく質に吸着する性質があります。炭酸水を洗顔フォームに混ぜて洗顔することで、肌の汚れもスッキリ!

・疲労回復 ・・・・・・炭酸水は、筋肉の疲労回復効果があることでも有名。炭酸成分が疲労物質(乳酸など)と結合し、対外へ排出してくれます。


■温泉水

日本の温泉でも、「美肌の湯」なるものが存在しますが、ヨーロッパでは温泉水は飲用が当たり前。地層から湧き出た温泉水には、ミネラルが豊富に含まれているため、美容の他、健康維持にも効果的とされています。
(※泉質によって飲めるもの・飲めないものがあります。)


■アルカリイオン水

水にカルシウム化合物を添加して電気分解した水。健康な人の体液は、『弱アルカリ性』なので、アルカリイオン水は身体との相性が良いようです。

また、アルカリイオン水は、人工的な工程を経てイオン化されているので、粒子が細かく、体内に吸収されやすいのも嬉しい点です。

 

水を効率的に摂るための豆知識

「新鮮なお水」は基本です!

「新鮮なお水」は基本です!

水には色々な種類がありますが、どんなに良い水でも、効率的に摂ることがベスト。水の飲み方や、水分を上手く摂るコツなど、豆知識をご紹介します。

・水を飲むタイミング

冒頭でご説明したとおり、人間は寝ている間に大量の汗をかきます。そこで就寝前に、常温の水コップ1杯を飲みましょう。

また、目覚めには体をシャキッと引き締める意味も込めて、冷たい水を飲むと体もスッキリ! 運動前後もしかり、汗を多くかく前後には、意識的に水を飲むようにしましょう。


・飲み物をたくさん飲むのが苦手なら、果物や野菜で代用!
一年中手に入り易いトマトで水分補給!

一年中手に入り易いトマトで水分補給!

水はもとより、飲み物自体たくさん飲むのが苦手……という方は、水分の多い果物や野菜を多く摂取しましょう。


たとえば、スイカは9割方が水分。他にも、梨もみずみずしく、水分が多い果物のひとつです。

野菜なら、トマトやナスも水分量が多いことで知られています。野菜は比較的、一年中手に入り易いので、積極的に活用しましょう!


たかが水、されど水。飲み方や選び方を少しだけ変えるだけで、体調や美容面に変化が現れるかもしれません。毎日飲むものだからこそ、手ごたえを感じやすい美容法とも言えますね。

ぜひこれを機に、自分に合った水を探してみてはいかがでしょうか?


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。