睡眠不足だけではありません

日本中を感動させてくれたリオデジャネイロ五輪が終わって、だいぶ経ちました。連日の睡眠不足から立ち直った人も、多いことでしょう。まだ元の睡眠リズムに戻っていない人は、もしかすると睡眠障害に陥っているのかもしれません。

今回の五輪観戦のように、深夜から早朝に起きていることで、睡眠時間帯がずれてしまうことがあります。睡眠時間帯が遅いほうへずれて、夜更かしの朝寝坊が強くなる睡眠障害を 睡眠相後退症候群 といいます。逆に、睡眠時間帯が早いほうへずれて、極端な早寝早起きになる病気を 睡眠相前進症候群 と呼びます。

夜更かしの朝寝坊には生活習慣の改善を

朝寝坊

いつまでも朝起きられないのは、病気かもしれません

いつもより遅い時間まで起きていて、深夜から早朝のテレビ中継を見ていた人は、睡眠相後退症候群 になることがあります。睡眠相後退症候群は、長い休みの後にも増える病気です。

休み中に深夜から早朝まで起きていて、昼過ぎまで眠る生活を続けていると、体内時計もそのような生活リズムになってしまいます。すると、休みが終わって学校や会社が始まっても、夜更かしで朝寝坊な生活から抜けられなくなるのです。

睡眠相後退症候群になると、朝、早い時刻に目覚められないので、学校や会社に行けなくなってしまいます。無理をして早い時刻に起きると、頭痛や頭が重い、食欲がない、疲れやすい、集中できないなどの症状も現れます。朝の体調不良が続くと、自信がなくなる、気持ちが落ち込む、ヤル気がなくなるなど抑うつ状態になることもあります。

一日でも早く睡眠相後退症候群から抜け出すためには、生活習慣を整える必要があります。まず、朝はなるべく一定の時刻に起きて、日光を十分浴びましょう。朝食も必ず摂ってください。日中には戸外で体を動かして、体温を上げることも大切です。夕食後はアルコールやカフェインを摂らず、寝つく予定の3時間前からは、照明を少しずつ暗くしましょう。光の刺激を避けるため、就寝直前にはテレビゲームやビデオ鑑賞をしてはいけません。

生活習慣を良くしても睡眠相後退症候群が良くならないときは、早めに睡眠障害専門の医療機関を受診しましょう。高照度光療法や時間療法、メラトニン療法など、専門的な治療が受けられます。

さらに詳しいことは、不眠・睡眠障害サイトの「休み明けに多い『睡眠相後退症候群』とは?」に書きました。興味がある方は、どうぞお読みください。

極端な早起きには光の調整を

太陽の光

光は体内時計を調整する最強の因子です

早朝のテレビ中継を見るために早起きしていた人は、睡眠相前進症候群 になる可能性があります。体内時計が早い時間にずれると、宵のうちから眠くなり、外が暗いうちに目が覚めてしまいます。

朝型人間になれたと喜ぶこともできますが、普通の人にはちょっと辛い生活パターンです。早起きした時間だけ早く眠ればよいのですが、いろいろな事情で遅い時刻まで眠れないと、どんどん睡眠不足がたまってしまいます。

睡眠相前進症候群になったら、浴びる光を調整する必要があります。朝に強い光を浴びると、早寝早起きが固定されてしまいます。朝にはサングラスなどを使って、強い光を見ないようにしましょう。逆に、夜に強い光を浴びると、睡眠時間帯が遅いほうにずれてくれます。強い光を出す高照度光装置は、ネットショップで数万円で買えます。病院へ行く時間がない人は、購入を検討しても良いでしょう。

睡眠障害の専門医療機関では、メラトニン療法を行われます。ただし、メラトニン療法は、薬の量や飲むタイミングに注意が必要なので、専門医の指示に従って行うことをお勧めします。

不眠・睡眠障害サイトの「朝活に有利? 究極の早寝早起き・睡眠相前進症候群」で、さらに詳しく解説しています。よろしければ、ご覧ください。

【関連サイト】
どこに行けばいいの? 睡眠障害専門医の探し方
高照度光療法
体内時計を整えスッキリ!すぐできるメラトニン快眠法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項