体内時計の遅れを取り戻せ!

人の体の中には、地球の1日のリズムに合わせて生きていけるように、昼に活動して夜には眠る生体リズムを刻む体内時計があります。

しかし、24時間眠らない社会となった現代では、この体内時計が壊れて起こる不眠症が急増しています。

中でも、睡眠の時間帯が遅いほうにずれる「睡眠相後退症候群」は、朝起きられないので、社会生活に不都合が起こります。

このタイプの不眠症の治療には、光を使って体内時計を調整します。これが 高照度光療法 です。早朝に強い光を浴びると体内時計が進むので、朝はスッキリ目覚めが早く、夜は早い時刻に眠くなります。

逆に、夕方から夜にかけて強い光を浴びると、「宵っ張りの朝寝坊」になってしまいます。夜、コンビニへ小さな子どもを連れてくるお母さんは、チョット考え直して下さいね。

医療機関で行う 高照度光療法 は、自然に目が覚める時刻の2~3時間前に、強制的に起こして、2時間ほど行います。光源は、天井や壁に埋め込まれた多くの蛍光灯ですが、最近では自宅で行うための小型なものもあります。


強力な光で体内時計をリセット

目覚まし時計のアラーム音だけで起こされるよりも、だんだん明るくなる光で起こされたほうが、自然に目覚めて気持ち良い朝を迎えられます。

お金をかけずに、光の作用でスッキリ起きたいのなら、布団を東側の窓の近くに敷きましょう。眠るときにカーテンを少し開けておいて、朝日が顔に当たるようにしておきます。

晴れの日であれば、十分な光を浴びることができます。西郷式起床術で布団を出たら、窓を開けて深呼吸するのも効果的です。

天候が悪い季節や、防犯上、カーテンを開けられないときには、自宅でできる高照度光療法装置を使いましょう。体内時計に作用する、2,500~10,000ルクス以上の強い光は、普通の家庭用照明器具では出せないので、専用のライトが必要です。

電気スタンド型装置やサンバイザー方式のものが、市販されています。「コスモブライト」「ブライトライト」「ライトバイザー」などの商品があります。

方法は簡単。枕もとに、高照度光療法装置を置いて眠ります。朝、目が覚めたらスイッチを入れて、装置の光を浴びます。目をつぶっていても効果はありますが、1分間に数秒以上は光源を見つめて下さい。次第に睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が減って、体が活動を始めるでしょう。

高照度光療法は、秋から冬になると食欲が増して眠たくなる 季節性うつ病 や、高齢者・認知症患者の睡眠障害にも効果があります。


最初のページで 携帯電話の活用法 を、2ページ目で 西郷式起床術 を、最後のページで 高照度光療法 をご紹介しました。

年末の大掃除のついでに、自分の短所も、スッキリと捨ててしまいましょう! 今回ご紹介した3つの方法を使えば、年末年始の間に、朝に強い人に生まれ変われるはずですよ。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項