基本のグリーンスムージー(小松菜・バナナ・プラム)

所要時間:10分

カテゴリー:アイスクリームスムージー

 

作ってみよう! 基本のグリーンスムージー

グリーンスムージー作りの基本は、葉野菜1に対してフルーツ3(※あくまで目安です)。フルーツは甘みのあるもの、酸味のあるもの、旬のものを組み合わせることで色んな味わいを作り出すことができます。

葉野菜は1/2束使うのが基本ですが、初めての方は量を減らし、フルーツ多めのグリーンスムージーから始めるのがおすすめです。ブレンダーで混ぜた野菜は繊維質のかたまりなので、とろみのあるフルーツを使うことで飲みやすくしましょう。バナナ、メロン、桃などを入れると、トロッとした仕上がりになります。

では基本となるグリーンスムージーを小松菜、バナナ(甘み)、プラム(酸味と旬)で作ってみましょう。バナナはしっかり熟したものを用意すれば、上等の甘みとコクでトロッとした仕上がりに。そこに旬のプラムを加えるとさわやかで深みのある酸味が生まれます。小松菜の青みは気にならないフルーティーな味わいで、グリーンスムージーのファンになること間違いなしです。

基本のグリーンスムージーの材料(2杯分(500ml)

基本のグリーンスムージー
小松菜 1/4-1/2束
バナナ 1本
プラム 1個
150-200ml
プラムは貴陽を使っています。果実が大きめなので、普通サイズのプラムを使用する場合は2個用意してください。

基本のグリーンスムージーの作り方・手順

基本のグリーンスムージー

1:材料を切る

材料を切る
小松菜は株元をよく洗い、茎を切り落とさずにまるごとざく切りにします。バナナは皮をむいて、手でちぎります。プラムはよく洗ったら皮ごと一口大に切り、種を取り除きます。
小さく切ることで、ブレンダーに材料を入れたときになめらかに混ざりやすくなります。

2:材料をブレンダーに入れる

材料をブレンダーに入れる
ブレンダーにプラム、バナナ、小松菜の順に材料を入れます。 ブレンダーの一番下に水分の多いフルーツを、一番上に葉野菜を入れます。

3:ブレンダーのスイッチを入れる

ブレンダーのスイッチを入れる
ブレンダーのスイッチを入れ、材料を混ぜ合わせます。つぶつぶ感がなくなり、全体がなめらかになるくらいまでが目安です。

4:水を加える

水を加える
【3】に水を加えてさらに混ぜ合わせます。150ml加えると濃いめの仕上がりに、200ml加えるとサラっとした仕上がりになります。お好みで調整してください。

5:味見する

味見する
グラスに注ぐ前に、一口味見してみましょう。水分が足りないようなら水を足してみてください。

6:保存について

保存について
たくさんできたグリーンスムージーはスパチュラ(ゴムベラ)を使えば、ブレンダー内をきれいにかき出すことができます。タンブラーなどに入れて、冷蔵庫に入れれば3日保存できます。 保存すると変色しますが、品質に問題はありません。

ガイドのワンポイントアドバイス

プラムの酸味が苦手な方は皮をむいてみてください。皮付近には栄養が豊富なので、慣れてきたら少しずつ皮も加えてみてください。初めてグリーンスムージーを飲む方は、葉野菜は少なめから始めてみましょう。まずは1/4束から。徐々に増やしてみてください。 ※野菜提供:大地を守る会
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。