クリスマスカードの書き方

Q. いつ送ればいいの?
A. 日本の年賀状と違い、クリスマス当日までには相手に届いているようにします。具体的には、12月前半からクリスマス当日までに届くように送るといいでしょう。
クリスマスカードや新年の挨拶の書き方と例文です。Christmasの省略はXmas、それともX'mas?といった疑問に対する答えや、家族や友人へ送るクリスマスカードに使えるフレーズについては2ページ目で説明しています。

クリスマスカードには、Merry Christmas! もしくは、Happy Merry Christmas! という表現も使われます。

クリスマスカードと年賀状を2通送ることはありません。どちらか1通で十分。クリスマスカードで年賀状を兼ねるときは、Merry Christmas and Happy New Year. もしくは、Happy Christmas and Prosperous New Year. などという表現も使えます。

Happy New Year の前に "a" をつけるとかつけないといった議論もありますが、文章の中に埋め込むのであれば"a"をつけるべきだと思います。しかし、このようにフレーズとして切り出して使う場合は、つけてもつけなくても実際上は問題ないと思います。

季節の挨拶状として送る

Q. 喪中ってあるの?
A. ありません。ご不幸のあった家庭でも遠慮なくクリスマスカードを送ってください。
クリスマスカードをキリスト教徒以外に送ってもかまわないかという問題があります。できれば"Christmas"は使わず、挨拶状として送る方が望ましいと思います。とはいえ、かりにキリスト教徒でない方に"Christmas"の文字が入ったカードを送ったとしても、心を込めたカードに不愉快な思いをする人は少ないだろうと個人的には思います。

クリスマスを前面に出さずに、「挨拶状」として送る場合は、Season's Greetings and Best Wishes. もよく使われる定番フレーズです。Greetingsというように"s"をつけることに注意しましょう。

Greeting を使わなくても、このシーズンが休日であることはほぼ世界共通なので、Happy Holidays! 、Hope you have Happy Holidays! 、Wish you have Wonderful Holidays! という表現もOKです。
※Holidays を Winter season や Holiday Season などに置き換えることもできます。そのときは、have の あとに "a" をつけましょう。