この夏は家族でプールデビュー!

夏真っ盛り。プールが気持ちのよい季節です。東京近郊は子連れで行けるプールも充実しており、近所の公営プールから、遊園地のプール、ホテルのプールまで、規模も雰囲気もさまざま。

プール利用にあたっては、オムツがとれていることやスイミングオムツ着用など、施設によって条件がちがうので事前にチェックしておきましょう。また、過度の日焼けや熱中症などにも注意。さらに詳しいことは、「子連れで楽しむプール」も参考にしてみてください。

それではさっそくプール紹介スタート。まずは定番、遊園地のプールから!

 

アンパンマンの世界で水遊びを堪能! 
よみうりランド「プールWAI」

それいけ!アンパンマンプール

「それいけ!アンパンマン プール」(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ※昨年の様子です

よみうりランド プールWAI

よみうりランド プールWAI。「WAI」とはフィジー語で「水」の意味

5つのプールと3種のスライダーを備えたよみうりランドの「プールWAI」。今年もダンス放水ショー「ダンスプラッシュ!!」や「アヒルちゃんレース」、スタッフによるシンクロショー「W’ait」など毎日イベントが開催され、期間中は大いに盛り上がります。

定番の「流れるプール」や「波のプール」などもありますが、小さな子どもたちが大好きなのはやっぱり「それいけ!アンパンマンプール」。水深も0.5~0.6メートルと浅く、水がニガテな子もここならアンパンマンたちのパワーで一気に水と仲良しになれるはず!

中央の噴水には、アンパンマンやしょくぱんまんなど人気ものが大集合。「バイキンじょうの滝」に「かびるんるんの谷のスベリ台」や「SLマンのふわふわスベリ台」、絵合わせなどを楽しめる「水遊びコーナー」など遊べるスペースもいろいろ。「ジャムおじさんのパンこうじょう」には楽しい仕掛けがいっぱいです。

場内には300席もある「レストランWAI」のほか、ヤキソバや軽食、かき氷などが買える売店も多数。テーブルやイス、デッキチェアを備えた有料席はのんびり過ごしたい家族におすすめです。

■よみうりランド プールWAI
場所:東京都稲城市矢野口4015-1
電話:044-966-1111
期間:2015年7月1日(水)~9月13日(日)
時間:カレンダーを参照
営業:休園日は7月7日(火)
料金:プール入場料(プール入場 + 遊園地入園)おとな(18~59歳)2900円、こども(3歳~高校生)1900円、シルバー(60歳以上)1900円 
※入れ墨・タトゥー(ワンポイントシールを含む)入場不可
公式HP:よみうりランドプールWAI


子ども向けエリアが充実! 
東京サマーランド「アドベンチャーラグーン」

モンキーフロート

うまく渡りきれるかドキドキ! 「モンキーフロート」

キディスライド

幼児でも安心のウォータースライド「キディスライド」

1周約650メートル、日本最大級(※)の流れるプール「グレートジャーニー」があるサマーランドのプール。昨年登場した巨大アトラクション「DEKASLA」をはじめ、新感覚のウォータースライド「dobon」、高さ20メートルから滑り落ちる「タワーズロック」など迫力のアトラクションも多く、大人向きのイメージが強いかもしれませんが、実は子ども向きのエリアも充実しています。(※株式会社体育施設出版調べ 平成27年4月25日現在)

 

アクアファン

水鉄砲遊びも楽しめる「アクアファン」

たとえば、プールを横断する島の浮き橋「スーパーモンキーフロート」には、規模を小さくした子ども用バージョンの「モンキーフロート」があり、ちょっとしたスリルを味わうのにぴったり。また、水深0~30センチの遠浅プール「キッズベイ」は水に不慣れな子どもが遊ぶのに最適な深さ。大きなウォータースライドを滑るにはまだ早い幼児にはコース全長5~6メートルの「キディスライド」がおすすめです。

園内には全天候型の屋内プールエリア(アドベンチャードーム)もあるので、天気がイマイチなときや、あまりに暑くて長時間外にいるのが心配なときもゆっくり過ごせます。

 

■東京サマーランド「アドベンチャーラグーン」
場所:東京都あきる野市上代継600
電話:042-558-6511(東京サマーランド予約センター)
期間:2015年7月1日(水)~9月30日(水)
時間:(1)7月1日~7月17日及び9月14日~9月30日:平日10:00~17:00(プール利用は16:30まで)、土日祝9:00~18:00(プール利用は17:30まで)
(2)7月18日~7月31日:平日9:00~18:00(プール利用は17:30まで)、土日祝9:00~20:00(プールのご利用は19:30まで)
(3)8月1日~8月31日は全日9:00~21:00(プール利用は20:00まで)
(4)9月1日~9月13日は平日10:00~17:00(プール利用は16:30まで)、土日祝9:00~20:00(プール利用は19:30まで)
営業:7月1日~9月30日までは無休
料金:夏季入園料金(7月1日~9月30日、入園+屋内・外プール+各種ウォータースライド ※DEKASLAをのぞく)おとな(中学生~60歳)3500円、小学生2500円、幼児・シニア(2歳~/61歳~)1800円 ※他、フリーパス券あり
公式HP:東京サマーランドアドベンチャーラグーン [プール]

 


「妖怪ウォッチプールランド」が登場! 西武園ゆうえんち プール

円形こどもプール

水深が浅く小さな子供も安心の円形こどもプール

流れるプール

ヨットが浮かぶ1周500mの流れるプール

自然豊かな周囲の環境が嬉しい西武園ゆうえんちのプール。今年は1周500メートルの「流れるプール」と深さ30センチの「円形こどもプール」の両エリアが、子供たちに大人気の『妖怪ウォッチプールランド』に大変身! 「妖怪ウォッチ」の人気キャラクター“ジバニャン”や“コマさん”をはじめ、「妖怪ウォッチ」に登場する人気キャラクターのふわふわスライダーやディスプレイなど、おなじみの妖怪ウォッチたちがプールに大集合します。

このほかにも、奥の岩山から滝が流れ、本物の波の感触が楽しめる「波のプール」や、身長120cm以上から楽しめる6コースのチューブ(浮輪)専用スライダーの「ウォータースライダー」など多彩なプールがそろっています。

さらに今年も「ハローキティメルヘンタウン」内に、夏のこども達の水遊びエリア「ハローキティのウォーターパーク」が登場! ウォーターパーク内には、ハローキティをはじめサンリオキャラクターがデザインされた大小4つのプールがあります。スライダーやペダルを踏むと水が飛び出す噴水とシャワーで遊べる“ウォータープレイ”など、楽しい仕掛けもいっぱい。小さな子どものプールデビューにもピッタリの施設です。

 

■西武園ゆうえんちプール
場所:埼玉県所沢市山口2964
電話:04-2922-1371
期間:2015年7月4日(土)~9月6日(日)
時間:9:00~17:00
定休日:7月6日(月)~10日(金)、9月2日(水)、3日(木)
料金:プール入場料金(遊園地入園+プール入場)おとな(中学生以上)2200円、こども(3歳~小学生)、シニア(60歳以上)1200円
公式HP:西武園ゆうえんち プール

 

>>次のページでは、プールリゾートや公園のプールを紹介