子供と一緒に行くのなら、どんなプールが楽しくて、どんなところに注意すべきでしょうか。子連れでプールを楽しむためのポイントをご紹介します。

―INDEX―
オムツがとれていないとプールには入れない?
どんなプールが楽しめる?
利用する前に確認しておきたい事は?


オムツがとれていないとプールには入れない?

乳幼児の場合は「どう楽しむ」の前に、まずはそもそも「公共のプールが利用できるのか」が気になるところ。特にポイントとなるのは「オムツがはずれているかどうか」という点です。

「スイミング用の紙オムツ」が国内メーカーからも発売されるようになってからは、日本でも広く普及していますが、これを使えばどこのプールでも利用OKというわけではありません。オムツのとれていない乳幼児に関しては、概ね以下の3つのいずれかの基準を各施設が採用しています。

【1】幼児用プールを含む全プールの利用不可

【2】スイミング用の紙オムツ+水着着用が義務で、特定のプール(幼児用)のみ利用可

【3】水着着用で特定のプール(幼児用)のみ利用可で、スイミング用の紙オムツの使用は禁止

気をつけたいのは「幼児用プール」があっても、上記のような基準がHPなどに書かれていない場合は、独自で判断しないことです。利用する側からすると少し戸惑いますが、とにかくおでかけ前に各施設に確認することが大切でしょう。

また、仮に2や3のように乳幼児の利用が可能な場合も、それぞれの家族が「おむつ交換場所の徹底」や「使用済みのオムツの捨て方」、「入水前のトイレの利用」、「許可されていないプールに子どもを入れない」など、マナーを守って楽しく遊びましょう。