小学生(6~12歳)と一緒の旅行を成功させるポイントは?

小学生(6~12歳)と一緒の旅行におすすめのプランは?

小学生(6~12歳)と一緒の旅行を成功させるポイントは?


一口に「子連れ旅行」と言っても、子供の年齢によってそのノウハウやおすすめのプランが異なるので、子供の年齢を3段階に分けて考えてみましょう。今回は「小学生と一緒の旅行」について解説していきます。

<目次>

小学生と一緒の旅行の意義・目的

小学生になると年齢や性別だけで一まとめに考えられず、それぞれが趣味趣向を持ち、旅行プランにも子供の希望が反映されるようになります。友達や家族と共通の楽しみをもったり、逆に子供だけで何かにチャレンジするなど、旅のスタイルも多様化。広がる選択肢の中から、いかに「我が家」に合ったプランを選び、作りあげていくのかがポイントとなるでしょう。
 

小学生との旅行を楽しいものにするためには

■プランニングについて
旅行は週末や連休、または正月や夏休みなどの長期休暇を利用することになるため、空いている時期に旅行するのが難しくなります。そこでチェックしたいのは、平日でも休める「開校記念日」や、運動会・学芸会などの「振替休日」です。春に学校から配布される年間計画表を見て、旅行の候補日を決めておくといいでしょう。夏休みは「自由研究」の宿題に役立つ体験も各地、各施設で実施されていますので、旅先ならではの学べる体験をスケジュールに盛り込むのも楽しいです。

■移動に関して
電車やバスを利用する場合は、小学生になると子供も運賃(通常大人の半額)が必要となります。 (※参考記事 子供と一緒の乗り物ガイド【電車編】 )公共の乗り物では大人が率先してマナーを守りましょう。飛行機を利用する場合は、子供の成長とともに増える荷物を無理にまとめてしまうと超過手荷物料金がかかってしまうことも。自分の持ち物を管理できるようになったら、子供もキャリーケースなどを利用して、自分の荷物は自分で持たせるようにしてはどうでしょうか。なお、電車などの場合は12歳でも小学生であれば「小児運賃」ですが、飛行機は12歳未満が「小児運賃」、小学生でも12歳以上になると大人の運賃が適用されます。
 

小学生子連れ旅行には様々な工夫が役立つ

―予算を抑えるための工夫―
子供の料金に関しては、この後でご紹介しますが、食事・布団付きで「小学生まで無料」という宿もあります。休前日やピーク時の料金が跳ね上がるのが納得いかなければ、「365日同一料金」の宿や、週末も料金アップのないビジネスホテル系を利用してはいかが? 割引率の高い早期予約特典も見逃せません。交通費は、人数が多い場合はマイカーやレンタカーを使用することで予算が抑えられる可能性も。

―成功の秘訣は“早めの予約!”―
学校を休ませない限り「ピークシーズン」に旅行せざるを得ません。そこで肝心なのは「早めの予約」! 例えば同じ行程で同じ宿を利用するツアーでも、各社特典内容や料金に違いがあるため、よく比較して最もお得なツアーを満席・満室になる前に、できれば早期予約の特典(割引など)付きで予約しましょう。

―食事の選択は慎重に―
小学生の場合、「幼児食」と「大人と同じ食事」を選べる場合がありますが、量だけでなく内容もまったく違う場合が多いので選択は慎重に。せっかく大人と同じものを用意してもらっても、宿によっては子供が食べにくいメニューが並ぶ場合も。心配ならば事前に内容を確認して。
 

小学生の子連れ旅行におすすめの旅行プラン

小学生になると多くのことにチェレンジでき、おでかけや旅の選択肢も広がります。
ターザニア
森の冒険を親子で楽しもう!〔ターザニア〕
アウトドアな遊びでは「リソル生命の森」内にある「ターザニア」で、スリルある空中散歩を親子で体験しても楽しいですよ! 同リゾート内では夏季にはプールもオープンし、ホテルやログハウスもあるので宿泊して楽しむのもおすすめです。




特に男の子に人気のカートは、小学生になると幼児で乗れるものよりも、より本格的な体験ができるようになります。
「ツインリンクもてぎ」のドリームカート
「ツインリンクもてぎ」のドリームカートは、初心者でもカートならではの醍醐味を満喫できる(対象:身長135cm以上)
ツインリンクもてぎ モビパーク」(栃木)には「ホテルツインリンク」、「鈴鹿サーキット モートピア」(三重)には「鈴鹿サーキットホテル」が隣接。カート以外でもファミリーで楽しめるイベントも多いので楽しみ。
 
ANA「機体工場見学」
ANAの機体工場見学も小学生以上が対象
幼児では楽しめなかった「博物館」や「科学館」、「美術館」や「観劇」など、学べる体験も親子で楽しめるようになり、中でも社会見学とレジャーを兼ねた「工場見学」が人気。例えば飛行機の機体工場見学も体験できるのは小学生からとなっています。
 
また、「八景島シーパラダイス」の「ふれあいラグーン」では、「ふれあいプログラム」でイルカやシロイルカをはじめたとした動物たちと触れ合うことがでます。

しかし……小学生ともなると通常大人の料金の70%、割安な場合でも50%の料金が提示されていることがほとんど。こうなると気軽に家族旅行の計画ができない!と、がっかりしている人には「小学生以下無料プラン」を実施している宿はいかがでしょう。例えば富士山の麓、奥河口湖のリゾートホテル「足和田ホテル」(山梨)ではしゃぶしゃぶ又はすき焼きの食べ放題の夕食と朝食のバイキング、さらに布団までついているのに小学生までが無料となるプランがあります。
 
西伊豆町営やまびこ荘
三世代でも楽しめそう。おじいちゃん、おばあちゃん世代にとっては懐かしい木造校舎を利用した宿〔やまびこ荘〕
少し目線を変え、廃校になった校舎の宿、というのも小学生になった子供には楽しめそう。親も昔懐かしい雰囲気にしみじみとするかも。料金的にも格安なのが魅力です。西伊豆町にある「町営やまびこ荘」(静岡)には、25mプールに温泉が注がれた温泉プールもあって、冬以外の季節は泳ぐことができます。
 
「横浜ロイヤルパークホテル」の新ファミリールーム
「横浜ロイヤルパークホテル」の新ファミリールーム
と、いろいろご紹介しましたが、ホテルは子供が大きくなると団欒のスペースがなくて、エキストラベッドでも入れようものなら客室も圧迫感を感じてしまいがち。そこでおすすめなのは「横浜ロイヤルパークホテル」に登場した新しいファミリールームです。常設ベッドが4台配され、さらに窓際に1段高くなったフローリングのリビングができました。日本一の高層ホテルからの夜景を楽しみながら、家族団らん、もいいですね。

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。