2012年2月、スパリゾートハワイアンズに新ホテル「モノリス・タワー」がオープン

モノリス・タワー(外観)

“きづなリゾート”のシンボルタワー、「モノリス・タワー」がオープン!

2012年2月、スパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)のグランドオープン(全館営業)に合わせて、同日オープンした新ホテル「モノリス・タワー」。一歩中に入るとこれまでのハワイアンズの宿泊施設のテイストとは一線を画する、と言っても過言ではないほどに新鮮な印象を受けます。コンセプトとする“ハワイアン&スパ”にぴったりとマッチしたデザインやサービスでリゾート滞在を楽しめるホテルは、ハワイアンズファンのリピーターのみならず、上質な旅を好むママたちからも新たな注目が集まっています。

5つのテーマパークは全館営業中!

ウォータースライダー

ウォーターパークには3種類5コースのウォータースライダーが!

もちろん「モノリス・タワー」は、ウォーターパークにも隣接しているので、移動は館内のみでOK。巨大なドーム内の「ウォターパーク」や、屋外で男女一緒に水着で温泉を楽しめる「スパガーデンパレオ」、ギネスワールドレコーズにも認定された世界最大の露天風呂「与市」など、2月のグランドオープン以降はハワイアンズの5つのテーマパークは全館営業しています。

小さな子どもには、親子で楽しめるプールゾーン「WaiWai OHANA(ワイワイオハナ)」の滑り台が大人気!赤ちゃん連れには、泳げるオムツを利用できるベビープール「天使の水場」があるので安心です。

 

いっしょに南国体験タイム

「いっしょに南国体験タイム」は子どもの参加もOK

フラガールによるタヒチアンダンスのミニレッスンや、バンドメンバーとのタヒチアン楽器演奏などをステージ上で体験できる「いっしょに南国体験タイム」もハワイアンズならではのもの。中にはこれを目当てに東京から通っているという女の子も。

水遊びが大好きな子ども連れが楽しめるレジャー施設であることは、もはや折り紙つきの「スパリゾートハワイアンズ」。

温泉に関しても、いわきの純度の高い天然温泉を豊富な湯量で堪能できる大浴場が12種24浴槽と、施設内だけでも湯めぐりできてしまう規模です。大人もゆっくりと寛ぐことができ、三世代やグループでの旅行にもおすすめですが、それでもレジャー施設の宿というレベルでは不満!と躊躇していたママ必見。今回は、まさに“スパリゾート”と呼ぶにふさわしい、新ホテル「モノリス・タワー」をレポートします。

次は、リゾート感あふれる「モノリス・タワー」の客室をご紹介します