子供や赤ちゃんのパスポートの作り方を分かりやすく解説!

子供や赤ちゃんのパスポート申請時の注意点は?

子供や赤ちゃんのパスポート申請時の注意点は?

海外旅行に行く事が決定したら必ず必要になるパスポート。過去には、子供の分が親のパスポートに併記できる時代もありましたが、現在は生まれてすぐの赤ちゃんにも1人1冊のパスポートが必要です。

申請に必要な書類は大人と一緒? 証明写真やサインはどうすればいい?値段・期限更新方法は? そんなパスポートに関する疑問にお答えします。


子供のパスポート申請に必要な書類は?

◆一般旅券発給申請書 1通
申請書はパスポート申請窓口で入手できます。
(平成28年1月4日以降、“国外”では併せて「ダウンロード申請書」が使用できるようになりました。)
申請書は5年有効、10年有効の2種類に分けられています。ただし、20才未満の場合は5年有効のものしか申請できません。

◆戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
作成後6ヶ月以内のもの

◆住民票の写し 1通(※国外で申請する場合は不要)
作成後6ヶ月以内のもの
※住民基本台帳ネットワークシステムを利用することにより、原則不要

◆写真 1枚
縦4.5cm×横3.5cm、6ヶ月以内に撮影されたもの、裏面に申請者の氏名を記入。(申請書に記載されている規格を満たしていることが必要。)
※参考:パスポート申請写真の規格(外務省HP)

※子供や赤ちゃんの場合の写真撮影のコツは、3ページ目で後述します

◆身元確認書類
2015年の個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、「通知カード」については、本人確認書類として使用できませんが、「個人番号カード(マイナンバーカード)」については、本人確認書類(1点でよい書類)として使用できるようになりました。

上記以外では、15才未満の子供の場合、子供の氏名の記載された健康保険証と、子供の氏名の記載された母子手帳、または法定代理人(親権者か後見人)の身元確認書類(運転免許証やパスポートなど)などが必要となります。

なお、子供の身元確認に必要な書類については、各都道府県で若干異なるので、申請する旅券窓口に事前に必ずお問い合わせください。なお、15才以上で身元を証明する書類がない場合も旅券窓口に相談してください。

次のページでは、申請場所や受領の際の注意点を解説します