赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる? 航空券は必要?

赤ちゃん・乳児連れの飛行機の乗り方のポイントについて解説します。
赤ちゃん連れの飛行機搭乗を成功させるには?

赤ちゃん連れの飛行機搭乗を成功させるには?

国内線であれば、生後8日以上から乗せることができます。3歳未満の乳幼児は、大人の膝の上に乗せれば運賃は無料。3歳以上~12歳未満になると、大人の約50%の小児運賃がかかります(※ただし、LCC(格安航空会社)は料金設定がことなり、国内線でも満2歳から有料。子ども料金はなく、大人と同額必要です)。なお、座席を使わず、料金がかからない赤ちゃんであっても予約は必要です。

飛行機

座席を利用しない乳幼児にも搭乗券(または搭乗案内書)などは発行される

もちろん、「膝の上にずっと乗せておくのは辛い」「快適に旅をしたい」といった場合は、小児運賃を払って3歳未満の子どもの席を確保することも可能です。ただし、2歳未満の子どもにはチャイルドシートが必要。貸し出している航空会社もありますが、自身で持ちこむところがほとんどです。持ちこめるチャイルドシートの種類に制限もあるので事前に確認しておきましょう。

3歳未満の乳幼児は大人1人に付き2人まで同伴できますが、1人分は小児運賃の航空券を購入し、座席を確保する必要があります。現実的に考えても大人1人の膝の上に2人の子どもを乗せるのは難しいですね。

 

国際線は料金ルールが異なるので要確認

国際線はルールがちがい、2歳未満の席の利用をしない子どもには大人の約10%の幼児運賃が適用されます。2歳以上~12歳未満になると、大人運賃の約75%の小児運賃が必要になるので、家族旅行などは航空券代だけでも結構な出費に……。搭乗可能となる生後日数は航空会社によって多少差があり、なかには生後8日未満でも医師の承認状などがあればOKというところもあります。各社のウェブサイトやサポートデスクで確認してください。 

機内での授乳やオムツ替えはどうする? 

オムツ交換台

機内のオムツ交換台。硬い板なので月齢の低い赤ちゃんならタオルなどを敷くとベター

基本的に授乳やオムツ替えは搭乗前に済ませておくようにします。機内での授乳は席でおこなうことになるので、授乳ケープやカーディガンなど目隠しになるものを準備しておきましょう。

忘れた場合は、機内の毛布を借りるのも一案。ミルクの場合は、客室乗務員にお願いすれば作ってもらえます。ただし、ミルクは自身で用意してください。

麦茶などをストローマグに入れて持参する場合、上空で突然フタを開けると気圧の変化によって中身が噴き出してくるのでご注意を。機内用には100ml程度の紙パックの麦茶などが便利です。

ちなみに国際線には液体物の持ち込み制限がありますが、乳幼児の麦茶やイオン飲料などは対象外。機内で飲む分に限り、持ち込むことができます(※海外の空港によっては対応がことなることもあるので注意)。

オムツ交換はトイレでおこないます。オムツ交換台が付いた個室があるので、そこを利用してください(※一部の便をのぞく)。航空会社によっては紙オムツの準備もありますが、サイズや数に限りがあるので、あくまで緊急用程度に。また、トイレはシートベルト着用サインが点灯しているあいだは使用できません。天候によってはかなり長いあいだ席を立てないこともないわけではないので、気づいたら早めの交換がおすすめです。 

>> ベビーカーは機内に持ち込める? 赤ちゃん連れにおすすめの席は?