赤ちゃん(0~2歳)と一緒の旅行を成功させるポイントは?

0~2歳の赤ちゃん連れ旅行を成功させるポイントは?

0~2歳の赤ちゃん連れ旅行を成功させるポイントは?

一口に「子連れ旅行」と言っても、子供の年齢によってそのノウハウやおすすめのプランが異なるので、子供の年齢を3段階に分けて考えてみましょう。今回は「赤ちゃん(0~2歳)と一緒の旅行」について解説していきます。

目次


赤ちゃんと一緒の旅行の意義や目的とは?

赤ちゃんとの旅行は、普段育児や仕事で忙しいパパやママがリラックス&リフレッシュできることが一番。その一方で、赤ちゃんは旅行中もできるだけ日常に近い生活リズムで過ごすことが大切です。パパとママには旅先ならではの「非日常」の体験、赤ちゃんには「日常」に近い過ごし方ができるプランが理想です。

最も大切にしたいのは「食事」と「お昼寝」のタイミング

授乳や食事、睡眠のタイミングは普段通りに

授乳や食事、睡眠のタイミングはできるだけ普段通りに

赤ちゃんと一緒の旅行を成功させたいなら、スケジュールには余裕を持ち、赤ちゃんの負担にならないことが大切です。そのためベビー歓迎の宿やツアーの利用もおすすめ。赤ちゃんが普段どおりの生活ペースを維持するためには、「食事」と「お昼寝」のタイミングを重要視しましょう。


乗り物別、知っておきたい快適な移動のためのコツ!

■自動車(マイカー・レンタカー)■
自動車では渋滞した時の準備も

自動車では渋滞した時の準備も

ルート上にあるSA、PAや道の駅の情報を事前にチェックし、適宜休憩を。車内では普段聞いている音楽やDVDを流したり、好きな玩具を持たせるなどリラックスできる工夫をしましょう。

渋滞しても困らないよう、飲み物、軽食、ゴミ袋を持参。大判タオルが1枚あるとタオルケットにしたり、真夏の駐車場でチャイルドシートが熱くなるのを防いだりと何かと便利です。長いドライブでは背中に汗をかいていないかも確認してあげて。また深夜や早朝、赤ちゃんが寝ている時間に移動してしまうのもひとつの手です。

■電車・バス■
乗り換えが多く移動が長時間になると、赤ちゃんだけでなくパパやママも疲れます。できるだけ混雑する時間を避け、大きな荷物は事前に宅配便で送っておくと赤ちゃんに気持ちを集中してあげられるので安心。指定席や、個室、キッズ車両の利用も検討してみては?

■飛行機■
座席は早めに指定し、家族で並んで座れるようにします。バシネット(乳幼児用ベッド)が利用したければリクエストしておくのも忘れずに(台数に限りあり)。

抱っこした際、前の席を赤ちゃんが蹴らないよう注意。離着陸時の耳の痛さを防ぐため、飲み物やおしゃぶりも持っていると安心です。周囲に配慮し、音の出ない玩具や絵本を利用しましょう。玩具やお世話グッズを機内に持ち込む場合は、座席上の収納棚に上げてしまわないように気をつけて。別途小さなバッグにまとめるなどして手元(足元)に置いておきましょう。

>>次ページでは「赤ちゃんと一緒の旅行を成功させるコツ」を紹介します。