・poisson
お魚をたっぷりのお野菜と共に

お魚をたっぷりのお野菜と共に

魚料理は「目鯛のポワレ」。皮目はパリッと、中はオーブンでゆっくりと仕上げられています。そして、ソースはトマトと実山椒のソース! 実にユニークな組み合わせですが、このトマトの円やかな酸味と、実山椒の食欲を刺激する風味が、驚くほど目鯛と相性抜群! やはりフランス料理はソースにあり、と実感する卓越した一皿でした。

あと、アミューズから先程のスープ料理を食べてきて私が感じたのは、シェフの作られる料理の味はどれも「無垢」(ピュア)なイメージなんですよね。透明度があるというか、無駄な雑味が一切なく、素材が持つ真味だけを重ね合わせる感じ。

例えば、添えられた温野菜。20種類の野菜(大原産)、一つ一つにそれぞれ的確な火入れが施されており(京唐菜だけはフリット仕上げ)、各野菜が持つ真味が明確に伝わってくるんです。火入れすることで、野菜を活かすというよりも、生かす。つまり、野菜を生き返らせる、と表現したくなるぐらい野菜が美味しい。

ひょっとするとシェフは野菜と会話できるのでは!?と思ってしまうぐらい、それぞれの野菜が持つ個性やポテンシャルを引き出されていますし、これだけの温野菜を、敢えて魚料理のガルニチュールとして供すところがスゴい。

シェフに「これだけ素晴らしい野菜料理を、なぜ、ガルグイユのように一皿の料理として出されないのですか?」とお聞きしたところ、「京都人は子供の頃から当たり前のように地元の野菜を食べていますから、野菜を特別なものとして考えたことはありません。ですからお客様にも当たり前のように野菜を召し上がっていただきたいので、敢えてガルニチュール(添え物)として、お出ししています」とのこと。

私も京都人なので、子供の頃から京(地)野菜を普通に食べてきた1人ですし、シェフのこの考え方には共感できますが、その考え方をレストランでも貫かれるシェフの意識の高さには感服です。


・dessert-1
さくらんぼのプリン

さくらんぼのプリン

コースにはデザートが2種類も組み込まれており、これまた嬉しい構成ですね。デザート1皿目は一番下にとろんとろんの滑らかプリン、真ん中にさくらんぼ、そして上にはホワイトチョコのエスプーマムースをかけた一品です。

ホワイトチョコレートというと、クドいから苦手という人も少なくないと思いますが、このデザートのホワイトチョコレートのムースは、控えめな甘さで、ホワイトチョコレート独特のクドさは全くありません。どちらかと言うと、私もホワイトチョコレートは苦手なほうですが、このデザートに関しては、むしろもっと食べたい!と思うほど。思わず「おかわり」したくなる、甘美で上品な仕上がりでした。


・dessert-2
宮崎マンゴーとウフ・アラ・ネージュundefined黒糖のバーバパパ

宮崎マンゴーとウフ・アラ・ネージュ 黒糖のバーバパパ

デザート2品目は「宮崎マンゴーとウフ・アラ・ネージュ 黒糖のバーバパパ」。「バーバパパ」とは「パパのひげ」という意味で、フランスでは「綿菓子」を意味する言葉にもなっています(他にも有名な絵本で同名の作品がありますが、それとは関係ありません)。

黒糖で造られた綿菓子部分(バーバパパ)の下はウフ・アラ・ネージュで、中は青紫蘇のソース入り。これにミルクのソルベと宮崎マンゴーが添えられた一皿です。

最近の日本のレストラン(ビストロも含めて)では、「ウフ・アラ・ネージュ」をメニューに載せている店は本当に少なくなっていますし、「ウフ・アラ・ネージュ」というだけでも今や貴重なデザートともいえますが、それをこれだけエレガントかつ贅沢仕様で甦らせたシェフのセンスの良さと、フランス愛に拍手を送りたいですね。全国の「ウフ・アラ・ネージュ」好きさん達、全てに捧げたくなる逸品。エクセラン!


・mignardise

cafe&mignardise

cafe&mignardise

ミニャルディーズは「カヌレ」「バラ風味のマシュマロ」、それに京都らしく「すはま」まで! もうミニャルディーズとしては最強のラインナップといった感じですが、特にカヌレはフランス好きさんには嬉しいポイントでしょう。やはりミニャルディーズにはカヌレがなくっちゃ! そしてさらに、特筆したいのが、カフェメニュー。あの紅茶業界のトップブランド「ロンネフェルト社」の紅茶がオンリスト! しかも日本のコーヒー業界に名を馳せる「ウニール」さんのスペシャリティコーヒーまで追加料金なしで選べるのです! 嬉しすぎる食後のお楽しみ。


最強スペックを備えた一軒

バターは2種類

バターは「無塩」と「生ハム」を混ぜたものの2種

中華とフレンチの幅広い修行に加え、京都育ちならではの和のセンスを武器に、京都ならではのエッセンスを付与したモダン・フレンチを自在に編み出して行かれる前田シェフ。

大阪でハジメさんが開店した時(訪問した時)、「ついに大阪のフレンチシーンも変わるな」と時代のウネリを確信しましたし、神戸にカ・セントさんがオープンした時も同じ。たった一軒のレストランが、地域を、時代を変えるコトがあるものなんですよね。

そして、ついに京都にも時代を変えるであろうレストランが誕生。いよいよ京フレンチにも次世代シェフ達による新時代が到来しそうです。


<DATA>
・店名: レストラン MOTOI
・所在地:京都市中京区富小路二条下ル俵屋町186
・アクセス:京都市営地下鉄東西線「京都市役所駅」徒歩約6分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-231-0709
・ドレスコードあり
・営業時間:12:00~13:30(LO)、18:00~20:00(LO)
・定休日:水曜日(終日定休)、木曜日(ランチのみ定休)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。