美しいロングヘアを保つためのヘアケア術 その2

いつまでも美しい髪を保つために、続けたい日々のヘアケア

いつまでも美しい髪を保つために、続けたい日々のヘアケア

ちょっとしたことが、ロングヘアのダメージにつながることに。日々のヘアケアの積み重ねが、美しい髪を守ります。

髪の紫外線対策をする

紫外線は、肌の日焼けを引き起こすだけでなく、頭皮や髪も日焼けさせてしまいます。髪が日焼けすると、枝毛や切れ毛、退色などダメージヘアの原因に。UVカット効果のあるトリートメントや、髪用の日焼け止めを使いましょう。帽子や日傘の使用も効果的です。

寝る時には、ゆるく結んでおく

意外に知られていないのは、寝ている時の髪のダメージです。枕でこすれたり、寝返りを打った時にもつれたりします。寝るときには、ロングヘアをゆるく結んでおくのがおすすめです。

また、髪をよく乾かしてから就寝しましょう。髪が濡れたままだと、頭皮に菌が繁殖し、頭皮の炎症をまねく恐れがあります。頭皮の炎症は、抜け毛・薄毛につながります。

頭皮ケアを怠らない

ロングヘアの悩みで多いのが、ボリュームダウン。あきらめてショートにする女性も多いでしょう。髪のボリュームダウンを軽減するためには、健康な髪が生える土壌にすること、つまり頭皮マッサージが重要です。ロングヘアは、髪の重みで頭皮、特に頭頂部や毛根、毛胞が圧迫され、血流が悪くなってしまいます。そして、細い髪や縮れ髪の原因になります。髪のボリュームを維持するために、毎日5分でよいので頭皮マッサージや頭皮の血行をよくする顔ヨガを行いましょう。

規則正しい生活を送る

美しい髪は健康な頭皮、健康な身体から生まれます。生活習慣の乱れは、自律神経の乱れや栄養不足、血行不良、ストレスの蓄積などにつながり、女性の髪に悪影響を及ぼします。美しいロングヘアを保つために、規則正しい生活を心がけましょう。

ノンシリコントリートメントって本当にいいの?

ノンシリコントリートメントは、髪に良いの?undefined悪いの?

ノンシリコントリートメントは、髪にいいの? 悪いの?

余談ですが、近年ブームになっている「ノンシリコン」。シリコンを配合していないシャンプーやトリートメントのことを指します。ノンシリコンという言葉が一人歩きして、シリコンは髪や頭皮にとってよくないもの、というイメージを持たれているように感じています。

シリコンは、コンタクトレンズや豊胸手術などにも使われていて、毒性はなく、安全性が高い素材です。シリコンは「毛穴につまる」「髪に付着して酸素や水分を通さない」などと思われているようですが、毛穴につまったり、髪に他の成分を浸透するのを妨げたりすることは確認されていないようです。

シリコンの働きは濡れた髪の指どおりをよくし、ツヤを与え、まとめやすくすること。シリコンが入っていないトリートメントは、それらの働きがないのかといえば、そうではありません。ノンシリコントリートメントとは、「シリコンは入ってないが、シリコンに代わる働きをする物質が入っている」のです。正直、ノンシリコントリートメントが髪のためにいいのか悪いのかは、評価しようがありません。

ロングヘアを美しく保つためには、髪がダメージを受けないようコーティングしてあげることが一番です。イメージだけにとらわれることなく、髪と頭皮にマッチしたヘアケア剤を選ぶようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。