歯が汚れていると、清潔感が失われる!?

歯の汚れはイメージダウン!?

歯の汚れはイメージダウン!?

お手洗いでお化粧を直すときに、鏡に向かって口をニーッと開き、お口チェックをしてみて下さい。あたなの歯は白くてきれいにひかっていますか?
もし、黄ばんでいたり、所々黒かったりしたら、それはお化粧より先に歯のケアをするべきです。

ファンデーションが取れていたり、マスカラが滲んでいたりしても、ご愛嬌。しかし、歯が汚れていると清潔感が失われ、どんなにかわいい笑顔をしても、可愛さは半減してしまいます。

例えば、お友達の口紅が一部分取れているのと、歯が一部分黒かった場合と、あなたはどちらの方が声をかけやすいでしょうか。きっと、歯の黒さについて指摘することは、とても難しいでしょう。今、自分の歯を鏡で見てみてチェックしてみて、自信を持てない方は、今日から歯をきれいに保つように心がけましょう。

今回は、歯の汚れの原因や落とし方についてご説明していきます。

1 歯磨きは歯ブラシだけじゃNG!

理想の歯磨きは30分以上!

理想の歯磨きは30分以上!

みなさんは、歯を磨くことにどれ位の時間をかけますか?この質問をした際に「正直、5分間も磨いていないかも……」と言った患者さんがいて、私は衝撃を受けました。

ほとんどの人の歯の本数は、“親知らず”を数えないくても28本生えています。5分間しか磨かないということは、1本の歯に対して10秒も磨いていないということです。
歯には凹凸があり、とても複雑な形をしています。10秒で1本の歯を隅から隅まで磨くのは到底、不可能でしょう。私は歯磨き時間には最低30分間は費やしてほしいと患者さんにお願いをしています。

急いで歯ブラシを口の中で動かしても、歯茎にダメージを与えるだけで、肝心な汚れは落ちません。それより、リラックスしながら小刻みに歯ブラシを動かし、角度を変えて歯の汚れを落とすように心がけてみてください。
また、歯ブラシだけで30分磨くのではなく、歯間ブラシやフロスを使用するのも効果的です。

次ページでは、「色の濃いものを食べるときの対処法」について紹介します。