水濡れ原因調査費用は必須?

水濡れ原因調査費用は必須?

マンションでは一戸建ての住宅とは異なるリスクがあるためそれに対する備えが必要です。その一つが水漏れ(漏水)です。自然災害と違い人の過失によることが原因であったり、そうでない場合もあったり様々なケースがあります。

なかには居住者同士のトラブルに発展することもあり、こうなると問題が非常に複雑になります。水漏れ(漏水)事故を解決するために最初にしなければならないことが、水漏れ事故の原因調査です。

しかし原因調査をするにも業者を呼ばなければなりませんしお金がかかります。そんなときのために火災保険に付帯する水濡れ原因調査費用についてお話しましょう。

マンションでの水漏れ事故の原因を特定しなければならない理由

マンションで水漏れ事故が起きた場合には、最初に原因を特定しなければなりません。それはなぜでしょうか。最近の火災保険では「給排水設備の事故などによる水濡れ」が補償の対象になっています(火災保険によって対象にしていないものもあります)。

水漏れ事故発生の際にこの部分の補償から必ず保険金が支払えるわけではありません。水漏れの原因いかんによって対応が変わってくるためです。例えば上階の居住者が風呂で水を溢れさせたことが原因なら、損害を負担するのは上階の居住者です。

この場合、上階の居住者が自分でこの損害分を負担するか、個人賠償責任保険などの加入があればこの保険を使って損害があった居住者に賠償しなければなりません。

このように上階の居住者の責任なら、被害者側の火災保険の「給排水設備の事故などによる水濡れ」に水漏れの原因が該当しないので保険金は支払われないわけです。水漏れの発生が自分の火災保険の支払いにそのまま繋がるわけではないことをまずは覚えておいてください。

マンションの漏水事故における色々なケース

水漏れ(漏水)事故の発生原因と責任の所在についていくつかのパターンを確認しておきましょう。

■上階の居住者が原因
上記の例のように上階の居住者の落ち度で階下に水漏れさせてしまった場合です。この居住者自身の負担か個人賠償責任保険などで損害賠償することになります。

■給排水管などから水漏れが発生
該当箇所が専有部分か共用部分かによって専有部分の居住者あるいは管理組合の責任になってきます。事案によっては管理組合の規約などがどうなっているか確認する必要もでてきます。

■雨漏り、吹き込み
マンションなどでは年月が経過してくるとコンクリートの中を伝って雨水などが流れてくることがなどがあります。火災保険上は雨漏りや吹き込みなどというような表現を使いますが、一戸建ての住宅の雨漏りと同じようなものと考えてください。

いきなり購入してすぐに雨漏りなどしたらそれはそれで問題ですが、長い年月の経過に伴いこうした問題もでてきます。水が漏れている箇所を特定して防水などの対策が必要になります。しかしいずれにしもこうした場合には火災保険では保険の対象になりません。

いくつか代表的なパターンを3つほど挙げましたが、これらのどのケースに該当するかによって責任の所在が変わり、適用される保険も変わってくるわけです(あるいは適用されない)。いずれにしてもこの原因を特定するためには調査が必要です。

次のページでは、水漏れ事故調査に役立つ水漏れ原因調査費用保険金についてご説明します。