兵庫県西宮市の東側(芦屋市寄り)を流れる夙川。その周辺の住宅地は西宮市内でもとりわけ人気が高いエリアです。夙川沿いには北から順に阪急甲陽線「苦楽園口」駅、阪急神戸線「夙川」駅」、JR東海道線「さくら夙川」駅、そして阪神本線「香櫨園」駅の4駅がありますが、今回は4駅の最北である「苦楽園口」駅周辺をご紹介します。

以外に庶民的な苦楽園口界隈

苦楽園口苦楽園口

のんびりした雰囲気の駅周辺

高級住宅街のイメージが強い苦楽園。しかし「苦楽園口」駅周辺はどちらかといえば庶民的な感じ。店舗併設ビルや小規模なマンション等が多く建ち並ぶ活気のある街並で、随分イメージと異なります。

もちろん阪急「夙川」駅から「苦楽園口」駅までの周辺には、邸宅が並ぶ整然とした街並が点在しています。なかでも「苦楽園○番町」という住所地は芦屋市六麓荘町と連続した戸建て街で、いわゆる高級住宅地です。

一方「苦楽園口」駅周辺はというと、駅前の風景からしてひなびた感じです。駅舎は年季の入った建物で、北側に二カ所ある改札をでると西側には雑居ビルが数店舗、東側は夙川の河川敷にある松並木が目に入ります。ロータリーや大型商業ビルはありません。

それなのに「苦楽園口」駅周辺はなぜ人気が高いのか?いくつか理由はあります。まずは、飲食店やブティック等の商業施設が程よく住宅と混在している事。次には山手に近いのに坂が少なくフラットな地形である事があげられます。その辺りを次のページで写真中心に見てみましょう