スープマグでおかゆが作れた!

サーモス真空断熱フードコンテナ

サーモスの真空断熱フードコンテナ。ステンレス魔法びん構造だから、熱々のスープやシチュー、冷たいデザートまでいろいろ入れられます。密閉構造のフタは開けやすく、もれません。0.38Lで2000円前後で売られています

まずは、ネットやテレビでも話題になった、白がゆづくりにチャレンジ! 次のように作ってみましょう。

■材料
  • お米 大さじ2
    あらかじめ洗って、5分ほど置いておくとおいしく作れます。無洗米を使う場合も、軽く洗ってから置いておきましょう。
  • 沸かしたての熱湯
  1. 保温コンテナに、あらかじめお湯を入れて中を温めておきます。
  2. が十分に温まったら湯を捨て、米と少量の塩を入れます
  3. コンテナの9分目ぐらいまでお湯を入れ、蓋をきっちり締めます。
  4. 3~4時間ほどでできあがり。出勤前に作って、会社のお昼にちょうどいい頃合いですね。

お米は大さじ2

お米は大さじ2まで。お湯はたっぷり入れるのがコツ

■注意点
0.38Lのコンテナでお米は大さじ2杯まで。お湯は8~9分目まで入れること。お湯は沸騰した熱いものを。底のほうでお米が固まりがちなので、蓋をしめて5分ほどしたら上下をひっくり返して振っておきます。


 
おかゆ

真空断熱フードコンテナで作った白がゆ。土鍋でくつくつ炊いたものにはかなわないけれど、お米も十分やわらかくなって大成功。

シンプルな白がゆのできあがり! 4~5時間経っても熱々です。これなら、一人分のごはんを炊くのがちょっと面倒な時にも重宝しそう。おかゆなのでダイエットにもなりますね。これはやはり、広口の保温コンテナだからこその機能。飲料用の細長い魔法瓶タイプのものでは、底にお米が固まってしまったり、上手に洗えなかったり、うまくいかないのです。広口の保温コンテナは、一つ持っておくと、温かい料理をおかずにしたい時にも、こうしておかゆを作りたいときにも活用できてとても便利!

とはいえ、さすがに白がゆだけのお弁当は味気ないですよね。そこで考えたとっておきのアイデアを、次のページでご紹介します。