要注意!身体に害を及ぼす油とは?

良質な油とは反対に、摂り過ぎると身体に害を及ぼす恐れのある油もあります。肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸はそれに当たりますが、例えば不飽和脂肪酸でもコーン油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれる『オメガ6』に関しては、アレルギーを引き起こしたり、炎症を促進したり、血液を固めるなどの作用があります。さらに、マーガリンやショートニングなどに含まれる『トランス脂肪酸』は、自然なものではなく加工が施されており、体内で分解することができません。これは悪玉コレステロールを増加させ、心臓病のリスクを高めたり、ガンや認知症、免疫機能の低下、不妊症、アトピー・喘息・花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことも。さらに、美容の大敵・老化を早める作用もあるので、摂り過ぎには注意が必要です。


良質な油には、ダイエット効果がある!?

ダイエットの大敵のような印象がある油。でも逆に「油がダイエットに効果的」と言ったら、驚かれる方も多いのではないでしょうか? 実際に良質なオイルは、代謝を促す効果があるのです。その結果、体脂肪が落ちやすい身体に! 例えば『魚油』には、体脂肪を抑える働きがあります。DHAやEPA、それに、前述した良質なオイル『オメガ3』も魚油に該当します。これらの成分が、脂肪をつくる遺伝子を抑制することで、体脂肪が増えるのを抑えてくれるのです。さらに、基礎代謝をアップさせる効果もあるため、体脂肪の燃焼をサポートするスグレモノなのです。


良質なオイルには、美容効果もある!

良質なオイルに期待できるのは、ダイエット効果だけではありません! お肌にハリと潤いを与えてくれるなどの効果があります。逆に油が摂れていないと、乾燥の他、肌荒れ、生理不順、抜け毛などを引き起こすことにも。ダイエットのつもりで油を摂らなければ、どんなに痩せてもキレイ見えることはありません。そういう意味でも、良質なオイルを摂ることは、女性にとって必須なのです。
5

良質オイルを摂れば、腸内もスムーズに!



良質なオイルなら、便秘も治せる!

油抜きダイエットをすると、便秘症になる人も少なくないようです。油分が足りていないと、腸の細胞膜も硬くなり、栄養が吸収されにくい状態になります。そうなると、代謝が落ちるだけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼすことに。良質なオイルをとって、腸内の働きをスムーズにすれば、長年悩んでいた便秘が解消される程の効果もあるほど。便秘は肌荒れの原因にもなりますので、良質なオイル(とくに『オメガ9』)を積極に摂って、便秘解消に努めましょう!

逆に、良質なオイルと反対の作用をもたらす『オメガ6』は、必須脂肪酸ではあるものの、摂り過ぎには注意が必要。特に現代人は食生活の中ですでに摂り過ぎの傾向にあります。これを摂り過ぎると、便秘を引き起こす原因にもなります。

まとめると……
★積極的に摂りたい良質オイルを含む・・・・・・オメガ3、オメガ9
例:青魚、亜麻仁油、大豆製品、オリーブオイル、アボガド、アーモンドなど。

★過剰摂取を避けたいオイルを含む・・・・・・・オメガ6、トランス脂肪酸
例:コーン油、サラダ油、マヨネーズ、マーガリン、ショートニングなど。

オイルはとても奥が深いもの。最低限、摂りたいオイルはしっかり覚えて、是非毎日の食生活にも生かしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。