おすすめ淡水観光地1 紅毛城

all about taipei

こちらは元英国領事館。ウエディングの撮影に人気のスポット

17世紀初め、スペイン人が淡水に侵攻し、丘の上にサントドミンゴ城を建設しました。その後スペイン人を撃退したオランダ人の手に渡った際、当時の台湾人は西洋人を紅毛と呼んでいたことから、サントドミンゴ城は紅毛城と呼ばれるようになったのです。オランダ時代~明代~清代を経たのち、清代末期に紅毛城は英国領事館として使用されるようになり、国際交流の場として栄えました。

日本の統治下であった第二次世界大戦を経て、終戦後には数カ国に管理されましたが、1980年に正式に中華民国の所有に。紅毛城は、400年にわたる台湾の国際交流史を見守り続けてきたと言えます。

東側の領事館は英国領事館時代の生活を再現しています。かつてアフタヌーンティを楽しむサロンだったという室内を見ていると、ここが台湾であることを一瞬忘れてしまいそう。

こちらは閉館時間が早くて17時に閉館なので、16時くらいまでには到着するように予定を組んでおきましょう。また、領事館ではフラッシュ撮影と三脚の使用が禁止されています。

<DATA>
■紅毛城
住所:新北市淡水區中正路28巷1號
アクセス:MRT淡水駅から紅26で紅毛城(真理大學)バス停下車。
TEL:(02)2623-1001
営業時間:月~金 9:30~17:00 / ~18:00(土、日)
4月~10月は庭園のみ22:00まで開放しています。
定休日:毎月第1月曜日、旧歴の大晦日、元旦、選挙日、臨時休館日

おすすめ淡水観光地2 漁人碼頭

all about taipei

情人橋とは、恋人達の橋という意味 画像提供:台湾交通部観光局 黄國昇撮影

大きな橋・情人橋(恋人橋)が印象的な、淡水海口の右岸にある観光港。淡水老街からフェリーで行くこともできます。330mもの長さがある木製の遊歩道から眺める淡水河口の夕陽が綺麗です。

<DATA>
■漁人碼頭
住所:新北市淡水區觀海路
アクセス:MRT淡水駅からバス指南客運紅26、または836に乗り漁人碼頭で下車。
淡水老街からフェリー(片道50台湾元)で行くこともできます。

おすすめ淡水観光地3  情人塔

all about taipei

情人塔の中はガラス張りで80人乗車できます

河川と海が交わる淡水。その魅力を満喫するのにぴったりな乗り物が、360度回転しつつ100mまで上昇するタワー、情人塔(Lovers Tower)。恋人達の塔というネーミングに、カップルでないとちょっと気後れしてしまいそうですが、100mの高さから見下ろす淡水の眺めは最高!

一部、床もガラス張りになっている席があり、こちらも人気です。淡水福容大飯店に宿泊している人は無料で利用できます。

<DATA>
■情人塔
住所:新北市淡水區觀海路83號
アクセス:MRT淡水駅からバス指南客運紅26、または836に乗り漁人碼頭で下車。
営業時間:日~木  9:30 ~21:00 / ~21:30(金、土、及び祝日の前日)
7、8、9月は上記営業時間より30分延長。2012年12/31は 1/1 0:30まで営業。
入場料:平日は170台湾元(約480円)、土・日・祝日は190台湾元(約540円)、悠遊カード持参で5台湾元オフ、淡水福容大飯店宿泊客は無料。

次のページでは、おすすめのグルメスポットを紹介します。