【第49回延岡西日本マラソン】※参考(2011年大会)
延岡西日本マラソン大会公式ホームページ

延岡西日本マラソン大会公式ホームページ


http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/contents/kyouiku/hoken/nishinihon/index.html
旭化成が日本のマラソン、駅伝界を席巻していた時代に旭化成の地元に誕生したマラソン大会です。福岡国際、別府大分毎日と合わせて九州三大マラソンのひとつ。有名選手も多数出場しますが、宮崎県知事だった東国原英夫氏が出場して話題になりました。2010年の大会は3時間23分45秒で関門セーフ。
[開催日]
平成23年(2011年)2月13日(日)
[制限時間 定員 参加料]
制限 40km 3時間20分
[参加資格 関門制限時間]
18歳以上(高校生不可)陸連登録男子 記録による出場制限なし。
[その他]
完走するには3時間30分以内の力が必要でしょう。コースは折返し。
[募 集]
未定

【第66回高知マラソン】
高知マラソン

高知マラソン


http://kochi-sk.co.jp/k-marathon.htm 現在閉鎖中ですが間もなくオープン!
昭和21年11月10日に新憲法公布記念として始まった大会、びわ湖毎日に次ぐ歴史を持っています。
[開催日]
平成24年(2012年)02月26日(日)
[定員 参加料]
5000円
[参加資格 関門制限時間]
要陸連登録 高校3年生可 40km:3時間10分
[その他]
優勝者だけですが20万円の賞金があります。高校生(3年生に限る)でも出場できる大会というのも珍しいでしょう。
スペシャルドリンク可。
[募 集]
2012年(平成24年)1月27日 (金)必着

【第66回びわ湖毎日マラソン大会】
びわ湖毎日マラソン大会公式ホームページ

びわ湖毎日マラソン大会公式ホームページ


http://www.lakebiwa-marathon.com/
東京マラソン、福岡国際マラソンと共に五輪や世界陸上の代表選考レースとなっています。今に続く日本最古の大会で、国際陸連のロードレースのランク付けでは、東京マラソンに先んじてゴールドラベルを獲得している国際的評価の高い大会です。
[開催日]
平成24年(2012年)3月4日(日)
※以下参考(2011年大会)
[定員 参加料]
5000円
[参加資格 関門制限時間]
要陸連登録 19歳以上男子限定
マラソン 2時間30分以内 ~10000m31分00秒以内
関門 40km 2時間30分
[その他]
15kmから関門がありますが、20km関門が1時間10分(3分30秒/km)、40km関門が2時間30分なので、20~40kmを1時間20分(4分00秒/km)とかなり前半厳しく、後半緩くなっています。これがくせもので、参加資格ギリギリの力では、20kmの関門通過が困難であり、もしムリして通過できたとしてもその疲れのために完走は果たせないという事態に陥ります。イーブンペースで走るとしたら、関門制限ギリギリでも必然的に2時間27分の記録が出ることになります。出場資格のタイムから推定する以上に厳しいレースを覚悟しなければならない大会なのです。
[募 集]
未定



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。