背中上部と肩の後ろを鍛える「シーテッドチューブロウ ワイド」

前ページで紹介したトレーニングの応用編。こちらは、脇をしめずに肘を大きく張り出して行なうトレーニング。脇を締めると広背筋の下側や脇の下に、脇を開けて肘を張り出して行なうと広背筋の上部や肩の筋肉の後ろ側を鍛えることが出来ます。広背筋は名前の通り、非常に大きな筋肉。バリエーションをつけて満遍なくケアしていきましょう。

【HowTo】
シーテッドチューブロウワイドその1

手順1

床に両脚を揃えて座り、つま先にチューブを巻きつける。このときにチューブの長さを調節し、適度な負荷に









シーテッドチューブロウワイドその2

手順2

背すじを伸ばし、胸を張り、肘を大きく張り出してチューブを引きつける。二の腕が床と並行になるくらいにすると良い









【ポイント】
・10回/1セットを1日2セット実施が目安
・腕を伸縮するときに上体がつられて前後に振られないよう注意が必要
・負荷の強さは、チューブの長さで調節。手を伸ばした時にもたるまない程度で


背すじをしっかりと伸ばして行なうと、より効果的なトレーニングが行えるようになります。たくましい上半身にしたいなら、胸ばかりでなく、普段見逃してしまうことが多い体の裏側にもバランスよく筋肉をつけることで、上半身がメキメキと強くなりますよ。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。