思い違いの二の腕トレーニングに注意!

二の腕といえば、女性が気になる部位というイメージがありますが、筋トレで体を鍛えたいと思う男性で、「たくましい腕が欲しい」と言う人は意外に多いのです。夏の暑い季節には、洋服の袖から、筋肉がついて引き締まった二の腕が見えていると、それだけで格好良さが2割増しくらいになるかもしれません。しかし、二の腕を鍛えたいがために、非効率なやり方でトレーニングを実施している人も少なくありません。もしかして、あなたも間違いだらけの二の腕トレーニングをしていませんか?

鍛えにくい外側の筋肉を意識しよう

力こぶばかりを鍛えると、バランスの悪い二の腕になるので要注意

力こぶばかりを鍛えると、バランスの悪い二の腕になるので要注意

二の腕のトレーニングで起こしやすい間違い、その代表的な例が、「上腕二頭筋(力こぶ側)ばかりを鍛えて、外側の上腕三頭筋をおろそかにしていること」です。「たくましい二の腕」というと思い浮かぶのが、力こぶを作り、その盛り上がりを見せているマッチョなポーズ。そのイメージが強いためか、内側の上腕二頭筋を鍛えている人はよく見かけます。

けれども、それだけでは「内側だけ引き締まり、外側はたぷんとしたアンバランスな二の腕」になってしまいます。いくら力こぶが盛り上がっていても、外側がそれでは見た目にも不自然になってしまい、まったく格好良くはないですよね。そもそも筋肉は、表裏一体で機能するもの。内側の上腕二頭筋が収縮すれば、反対に外側の上腕三頭筋は伸びるのです。つまり、そのバランスがとれていないと、見た目も良くないですし、筋肉も十分な力を発揮することができなくなってしまいます。しかも、厄介なことに上腕三頭筋は日常生活ではほとんど使われることがなく、意識しないと鍛えることができません。

そこで今回は、普段鍛えにくい部位である上腕三頭筋を中心に、二の腕の筋肉をバランス良く鍛えられるトレーニングメニューを紹介します。二の腕の筋肉は小さな筋肉なので、短期間でトレーニングの効果を実感できるようになるはずです。

次のページから紹介するメニューにぜひトライして、均整がとれた二の腕を手に入れてください。