台北で食べ歩きを楽しむなら、寧夏路夜市へ

allabout taipei

家族連れや友達同士で外食を楽しむ、そんな夜市です

寧夏路夜市はMRT中山駅や雙連駅から歩いて10分くらいの寧夏路で行われる夜市です。台北市内の中心部近くにあって、台北駅からならタクシーで5分位で到着。士林夜市から比べると小規模で、300m程度の道路に食の屋台が100軒ほど並びます。気軽に夜市の雰囲気を味わいたい人にぴったり。

この界隈は豆花(豆乳プリン)が美味しい「古早味豆花」や魯肉飯の名物店「三元號」などの名店があり、夜市のついでに他のグルメも楽しめるのが魅力です。少し足を伸ばせば迪化街にも行ける場所にありますから、昼間は迪化街に行き、夕暮れから夜市へ移動するコースも良さそう。それでは、おすすめの屋台をご紹介しましょう。

※記載されている屋台の営業時間はおおよその目安としてお考えください。

スパイシーでクリスピー! 塩酥鶏

allabout taipei

味はスパイシーであとひくおいしさ

「炸」というのは揚げもののこと。塩酥鶏は生の材料を選んで渡すと「炸」という調理法で仕上げてくれる揚げもの屋台です。生の材料が並ぶということに慣れていない私たち観光客にはちょっと頼みにくい屋台の1つかもしれませんが、ここは名物屋台のひとつなので思い切って注文してみましょう。慣れないうちは他の人のオーダーを眺めてからトライするといいかもしれません。お店の人とのやり取りも必要になってきますが、そこを頑張ってオーダーしてみて下さい。本当においしいですから!

調理前の材料をトングではさんでアルミのお皿に載せ、それを店員さんに渡すと裏で揚げて(串刺しの具材は焼いて)スパイスを振りかけ、まとめて紙袋に入れます。店の周りは出来上がりを待つ人でいっぱいです。

代表的な具材は牡蠣や鶏のから揚げですが、甜不辣(てんぷら)という薩摩揚げ(5枚20台湾元・約60円)が日本人好みの味なのでおすすめ。鶏肉を頼むと付いてくる葉っぱは九層塔(台湾バジル)の素揚げです。豚の血を固めた猪血ガオ(1個10台湾元・約30円)や串焼(牛串焼きで70円位)などもあります。だいたい1袋なら100台湾元(約270円)くらいです。

<DATA>
■台灣第一家塩酥鶏
営業時間:17:00~翌1:00