野菜たっぷり!10分で完成、ぶっかけサラダ丼弁当

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

野菜たっぷり!火を使わずに10分完成、ぶっかけサラダ丼弁当

 夏本番、なかなか食欲も出ないし、料理を作る気も起きない…。そんなときには、これがおすすめ!ザクザクした食べ応えと、野菜から出た栄養たっぷりのおいしいスープが、ごはんにからまって、とってもおいしいのです。たくさん作って、2~3日冷蔵庫に置いておいてもOK。忙しい朝の朝食にももってこい。
生野菜は水気が出るからお弁当に持っていけない、それを全く逆の発想でお弁当にしてしまいましょう。

ぶっかけサラダ丼弁当の材料(2人分

ぶっかけサラダ丼弁当
たまねぎ (レッドオニオン)1/4個
きゅうり 1/2本
セロリ 1/4本
パプリカ 1/4個
ミニトマト 8個
イタリアンパセリ みじん切り大さじ1程度
ご飯 茶碗に2杯
ドレッシング
レモン汁 1/2個分
小さじ1/3
砂糖 1つまみ
ニンニク すりおろし少々
ブラックペッパー 少々
パルメザンチーズ 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1
今回はミニトマトを使いましたが、フルーツトマトや普通のトマトでも大丈夫。その他葉もの以外の、生で食べてもおいしい野菜をご自宅にあるものでアレンジして下さい。

ぶっかけサラダ丼弁当の作り方・手順

ぶっかけサラダ丼弁当

1:野菜をさいの目に切る

野菜をさいの目に切る
 野菜はそれぞれ、さいの目に切ります。(きゅうりは種を除いてさいの目切りに)イタリアンパセリは粗みじん切りにします。

2:ドレッシングを作る

ドレッシングを作る
 ボールにレモン汁と塩、砂糖を入れて、泡立て器でよく混ぜます。塩と砂糖が溶けたら、少しずつオリーブ油を注ぎながら混ぜ続けます。よく混ぜて乳化したら、ブラックペッパーとパルメザンチーズを加えて、混ぜます。

3:野菜とドレッシングを和える

野菜とドレッシングを和える
 切っておいた野菜とドレッシングを合わせ、全体にまんべんなくからめて混ぜます。お弁当用のタッパーなどに移し替え、そのまま冷蔵庫に入れて冷やします。

4:お弁当にごはんをつめる

お弁当にごはんをつめる
 ごはんをお弁当に詰め、完全に冷めてからフタをします。

5:お弁当を食べる時に、サラダをごはんにかけて食べる

お弁当を食べる時に、サラダをごはんにかけて食べる
 サラダとごはんは、それぞれ別の器に入れて持っていきます。冷やせば冷やすほどおいしいので、お弁当バッグの中に保冷剤などを入れておくのもよいでしょう。食べる時に、ごはんにサラダをかけていただきます。野菜から出た水気がとてもおいしいスープになっているので、全部かけて召しあがって下さい。

ガイドのワンポイントアドバイス

冷やせば冷やすほどおいしくなります。そして、野菜から出る水気が、おいしさの元。野菜のおいしさを余すところなく味わえます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。