甘くないチュロスを甘いチョコラーテにつけて 

チュロスとチョコラーテ

甘くないチュロスを甘いチョコラーテ(ホットチョコレート)に浸して食べる。星型の絞り口から絞りだして作るので、断面も星型でかわいい

日本でも遊園地などで目にする機会の多いチュロスは、いわばスペイン版ドーナツ。おやつのイメージが強いと思いますが、実は本場スペインでは、朝食の定番です。チョコラーテ(ホットチョコレート)とセットになっていて、チュロスをチョコラーテに浸して食べるのが一般的。

チュロスが朝ごはん?と感じる人もいるかもしれませんが、本番のチュロスは軽く、あっさりした口当たり。あらかじめ砂糖をまぶしていないものも多く、日本のそれとは違います。もちろん、おやつにしてもOK。

オールシーズン味わえますが、温かいチョコラーテとセットということもあって、やはり夏より冬のほうが人気。ちなみにチュロスは「誰でも作れる」という意味です。

スペインではあちこちにチュロスを出すカフェがあり、マドリッドなら「チョコラテリア・サン・ヒネス」(Chocolatéria San Ginés)が有名。シエスタの休みもないので観光客の利用も多く、翌朝7時まで営業しているので、夜遊び後に訪れる人も多いお店です。

本場で食べたい世界のスイーツ ベスト10」、続いて第9位です。

第9位はこちら>>>中華とマレーの文化が融合した鮮やかスイーツ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。