油を使わないのでヘルシー!焼きパプリカの梅和え

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかず和え物

 

見た目もキレイな、焼いて和えるだけの、ヘルシー簡単おかず

栄養成分豊富なパプリカと梅干しのさっぱりとした和え物です。油を使いがちなパプリカやピーマンですが、この調理法なら、油を使わずに焼くだけなので、カロリーも抑えられ、カラフルな色のパプリカは見た目もお洒落でちょっとしたおもてなしのおかずにもなりますよ。

また、パプリカは、βカロテンやビタミンCが豊富な野菜で、その量は緑のピーマンよりも多いとされています。オレンジや黄色パプリカにはビタミンEが、赤パプリカにはカプサンチンが多く含まれており、カプサンチンは、体の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ善玉コレステロールの値を上昇させると言われています。梅のクエン酸には疲労回復効果がありますので、暑くなるこの時期にはおすすめの一品です。

焼きパプリカの梅和えの材料(4人分

焼きパプリカの梅和えの材料
パプリカ 2個
梅干 4個
ポン酢 小さじ1/2
醤油 小さじ1/2
鰹節 適量
パプリカがないときは、ピーマンでも作ることができます。ポン酢と醤油の代わりに、味つけポン酢小さじ1でもおいしいです。

焼きパプリカの梅和えの作り方・手順

焼きパプリカの梅和えの作り方

1:パプリカを切る

パプリカを切る
パプリカを縦半分に切り、ヘタと種を取り除きます。

2:パプリカを焼く

パプリカを焼く
魚焼き器やグリルなどに、切った面を下側にしてパプリカを並べて、焼きます。焼き時間はグリルなどの火力によりますが、約7~8分が目安です。
パプリカは真っ黒になるくらいまで焼きましょう。焼き足りないと、皮がむきにくくなります。

3:氷水にとって皮をむく

氷水にとって皮をむく
パプリカが真っ黒に焼けたら、氷水にとり、手ではがすように、皮をむきます。

4:パプリカを細切りにし、梅と和える

パプリカを細切りにし、梅と和える
皮をむいたパプリカを細切りにし、種を取ってつぶした梅干しと、ポン酢と醤油(または味つけポン酢)を合わせて、混ぜます。

5:器に盛る

器に盛る
器に盛って、鰹節をのせて、できあがりです。
鰹節の代わりに、ごまをふってもおいしいです。

ガイドのワンポイントアドバイス

パプリカは、色によって多く含まれる成分が異なります。例えば、赤のパプリカはカプサンチン、オレンジや黄色のパプリカはβカロテン、紫はアントシアニンなど。ぜひ、全部で8色あるパプリカを、見た目と成分の両方から選んで、楽しく使ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。