州によって違う! カナダの宿泊税

カナダには連邦政府の消費税(GST)と、各州政府の消費税(PST)の2種類があり、GSTとPSTを合算したHSTという税制を適用している州もあります。さらに各州ごとに宿泊税を定めており、とても複雑……。以下のように、主な観光地ごとに税額をまとめました。
  • ブリティッシュコロンビア州(バンクーバー、ウィスラー、ビクトリア)
    宿泊税2%、GST(連邦政府消費税)とPST(州政府消費税)の合算12%
  • アルバータ州(バンフ、レイクルイーズ、ジャスパーなど)
    宿泊税4%、GST5%※カルガリーやエドモントンに限って宿泊税は1%
  • オンタリオ州(トロント、ナイアガラなど)
    宿泊税3%、HST13%
  • ケベック州(モントリオール、モントランブラン、ケベックシティなど)
    宿泊税2カナダドルまたは3%(場所によって異なる)、GSTとPSTの合算12.5%
  • プリンスエドワード島(シャーロットタウン)
    宿泊税2%、GSTとPSTの合算15%

高いシーズン、安いシーズン

冬は料金は下がるが、ロッキーやウィスラーなどのスキーリゾートは別undefined(C) Tourism Whistler

冬は料金は下がるが、ロッキーやウィスラーなどのスキーリゾートは別 (C) Tourism Whistler

大雑把に言うと、夏が高く冬が安い。ただ、スキーなど冬でも需要が見込まれる地域では、少々料金変動が異なります。

バンクーバーやトロントなどの都市では、5~10月のハイシーズンと、それ以外の時期のローシーズンに分けられます。ナイアガラでも同じような傾向ですが、夏の繁忙期の週末はさらに料金が上がる傾向です。

カナディアンロッキーでは5月中旬から9月中旬がピーク。11月で料金が底になりますが、12~3月にかけてのスキーシーズンは、他の地域ほど料金は下がらず、年末年始は夏並みに料金が跳ね上がります。

カナダ各地のホテルについての詳細はこちら>>>バンクーバーのホテルカナディアンロッキー・バンフのホテルナイアガラの滝のホテル

チップ

ベルボーイに部屋まで荷物を運んでもらった場合、荷物1個に付き1カナダドル。ベッドメイキングを行うハウスキーパーに対しては、宿泊者一人当たり1カナダドルが相場です。ハウスキーパーへのチップは枕元に置いておくことから枕銭とも呼ばれます。もちろんこれらは目安なので、サービスが良かった場合上乗せしても構いませんし、逆にサービスが非常に悪かった場合、ゼロでも構いません。

1カナダドルは日本円に換算すると100円以下なので、日本的な感覚では、こんな金額を渡しては逆に失礼ではないかと考える人もいますが、全く問題ありません。サンキューの一言を添えて笑顔で渡せば、サービスの質もアップするかも!?

次は旅の楽しみと言えばこれ!食事料金についてはこちら>>>カナダ旅行の食事予算
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。