カナダ旅行の食事予算

物価がどんどん上がっているカナダでは食事代金も結構高くなります。特に平均的なランチのお値段は日本以上。とはいえ、探せばそれなりに安いものもあります。この記事では、ランチやディナーに人気のメニューの相場を紹介します。

5カナダドル以下のランチは難しい?

でっかいピザをスライスしてばら売り

でっかいピザをスライスしてばら売り

実際の為替相場ではなく、実際の生活をベースにすると、感覚的に5カナダドルが500円程度です。日本だと500円以下でも色々とチョイスがありますが、カナダではこれが結構難しい……。まず、格安ランチの代表がピザ。街角のテイクアウトだと、1切れ1.50カナダドルなんてのもあります。元々がラージサイズを切り分けたものなので、1切れでも結構大きいです。

中華系の人たちが多いカナダでは、至るところに中華レストランがあり、昼間は飲茶が楽しめます。地元の人たちが行くような庶民的なレストランなら、一皿3カナダドルからあるので、大人数でシェアすれば結構安く食べられます。ワンタンヌードルなんかも4カナダドル程度から。ただし、税金とチップがかかるので、結局5カナダドル程度になるかも。こうした料理もダウンタウンにある高級レストランになると、値段が倍近くになるので、ご注意を。

ランチと言えば、マクドナルドに代表されるファーストフードが安いイメージがありますが、実は結構高くつきます。ドリンク、ポテトつきの3点セットは軒並み5カナダドルオーバー。モノによっては8カナダドル以上!

夕食メニュー

超高級に行くと、こうした前菜でも15ドルくらいが相場undefined(C) Tourism Vancouver

最高級レストランに行くと、こうした前菜でも15ドルくらいが相場 (C) Tourism Vancouver

シーフードやステーキを扱う中級の洋食系レストランでは、前菜、スープやサラダといったメニューが10カナダドル前後。ステーキやサーモンといったメインディッシュが20~30カナダドル。これが高級といわれるレストランになると、大体単価が5~10カナダドル増しと考えれば良いでしょう。逆に、ファミリーレストランに近いタイプになると、単価が5カナダドル程度安くなります。

人気のロブスターは夏が旬!

人気のロブスターは夏が旬!

カナダと言えば、ロブスターも人気メニュー。これは時価というレストランも多いのですが、大体30~40カナダドルといった価格帯を想定していれば良いでしょう。ロブスターはシーズンが夏なので、夏場のほうが値段が安定しています。因みに、カニやロブスターは中華で食べても美味しい食材。ただ、中華レストランでは、キロ当たりいくらという料金をつけているところも多いので、注文の前に確認をお忘れなく。

カナダの食べたいグルメ情報はこちら>>>カナダのグルメ
世界各国の料理が集うグルメ天国バンクーバーのレストラン情報はこちら>>>バンクーバーのカナダ料理レストランバンクーバーの各国料理レストラン

チップと税金

様々なメニューを紹介しましたが、全て税金、チップ別です。税金は国の消費税5%、さらに州によっては5~10%の州税がかかります。チップは料金の10~15%が目安。トータルで20%以上を上乗せしなくてはならず、これで結構高くなってしまいます。お支払いの際にはくれぐれもご注意を。

次は旅行に欠かせない移動に掛かる費用について>>>カナダ旅行の交通費

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。